INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「”今”しかできないことに本気で取り組もう」

SHAKERS CAFE R
渡辺 美来 代表

  • 2015/11/20
i-cath-shakers-cafe-r

育児×仕事、経営者として、母として…

お仕事をされる上で、苦労されることはなんですか。

 やっぱり子育てに100%の力を注げないことですね。ただそこで落ち込むことも間違えていると思います。私の姉は専業主婦で、子供が二人います。姉は子供が小さいときには、その時にしかできない子育てがあるから母親が外に出るべきではないという考え方を持っている人です。

 そのため私とは正反対ですけど、もちろんそれだけがすべてではないと私は思います。保育園にお子さんを預けられる女性の方は、フルタイムで働かれている方もたくさんいらっしゃいます。

 時々、子どもに申し訳ないなと思ってしまうこともあります。ただ、働いている以上、私は経営者として、それが自分にとって生きる道です。そのため、少しぐらい子供に自分のペースを合わせてもらってもいいのかなとも考えたりもします。

 専業主婦の方、働く女性の方、それぞれの子育てがあります。でも、そこで申し訳ないなと思ったりすると自分が潰れてしまうと思います。どんなに仕事と子育ての両立がしんどいと感じても、マイナスな気持ちを持って子どもに接することだけはしないように心がけています。

人生のターニングポイントはいつですか?

 間違いなく子供が生まれた時です。経営に関してはもともと理系脳ということもあって、予測をたて、数字はきっちり把握することを心がけています。オープンからとりあえず2018年までの予測まで、消費税の増税や土日祝日の日数まで完璧に調べて予測を立てていました(笑)今までその数字がほとんどぶれたことはありません。ちょっと心配性なところがあったからかもしれません(笑)

 だからこそ私メインで運営していたオープン当時と違い、子供が生まれてからはアルバイトの子に現場を任さざるを得なくなったとき、本当にしんどかったです。アルバイトの子が自分とタイプの違う子で、私自身気性が荒かったりもして、たくさんの衝突もありました。

 でもそのときその子から学んだことも、ものすごくたくさんありました。その子のおかげで人にやさしく接することができるようになりました。初めて思い通りにならないことが表面化したり、期待を下回ったりすると、今思うと本当にその子にひどい言葉をかけてしまったこともありました。その当時は冷静に分析ができていませんでした。でもその子とは今もすごく仲が良くて、その子と一緒に仕事ができて、人を成長させることの難しさを本当に実感しました。

次のページ『お客様にひと時の「幸せ」を提供する』

ページ:
1

2

3

会社概要

社名:SHAKERS CAFE R
代表名:渡辺 美来
住所:愛媛県松山市大街道1-4-3 マル福ビル 1F
TEL:089-947-1155
事業内容:・飲食業 ・スムージー

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

『この記事を書いた人』

松山大学
大西 清楓

『この記事を書いた人』

松山大学
山田 智也

『この記事を書いた人』

愛媛大学
多賀谷 直樹

『この記事を書いた人』

松山大学
山根 大輝

『この記事を書いた人』

松山大学
川崎 詩歩

『この記事を書いた人』

愛媛大学
矢野 愛茄里

ページ上部へ戻る