INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

人を喜ばせるためには、自分がポジティブでいること

島のモノ喫茶 田中戸
田中 章友 代表

  • 2017/11/24
i-catch-tanakado

まわりが面白くしてくれるんじゃない。自分が面白くすればいい。

自分が作り出した言葉が、世の中で広まるってすごいことですよね。他には、やりがいを感じるときはどのようなときですか?

 僕は、最初は自分が決めたことをやれてないからだめだったんだ、と思っています。目標を決めても、それを守ったことがない人生でした。それを守れていたら今すごく立派な経営者になれていたと思います。できていないから、数字も伸びないんだという自覚はありました。

 そのようなもやもやした実感がある中でやっていくのはやっぱり面白くなくて、完璧じゃなくてもそれに近いことができていると、調子に乗ることができます。

 それは誰に言われたからっていうことじゃなくて、やっぱり自分が課すことにくらいついていくこと。自分に一番甘いのは自分だし、自分に一番厳しいのも自分です。落ち込む人とかそうだよね。自分が勝手に決めたことが叶わなくて落ち込む。恋愛とかも一緒。

 だから、自分が設定していることがやれている時がやりがいを感じます。

そう考え始めたのは、お店をオープンしてからですか?

 ずっと薄々と感じていたかな。圧倒的に自分に欠けているものは代わりのアイデアでした。それがないのにただぶつぶつ言っていました。

 それは、世の中で起きていることも同じことだと思います。政治とか選挙とかも同じで、自分が動かないと何も変わらないですよね。よくある学校楽しいか、とかいう質問もナンセンスだと思います。
 つまるかつまらないかは自分次第。学校や先生、社会や地域に頼っていたらだめで、自分のことは自分で楽しくしなきゃ。大学生だったら、自分が新しいサークルを立ち上げるだとか、イベントをやるとか方法はいくらでもあります。

 だから、僕は学校も今までの人生も常に楽しかったです。些細な辛いことはありましたが。でも、それもひっくるめて自分で選んだことですし、選べているから。環境によったら選べない人もいるかもしれないですからね。

 大人になって気が付きましたが、自分で人生を面白くしようとしているということだけはずっと守っているのかもしれないです。

次のページ『人に影響されない、「自分らしさ」を持つ』

ページ:
1 2 3 4

5

6 7

会社概要

社名:島のモノ喫茶 田中戸
代表名:田中 章友
住所:愛媛県松山市住吉2-8-1
TEL:090-6280-3750
事業内容:宿泊業/飲食業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

ページ上部へ戻る