INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

ブレずに自分を貫け!

BEEF EATER
井上 将悟 代表

  • 2019/8/5
i-catch-beef-eater

大衆受けしなくていい。自分の「こだわり」を追及しろ!

いい焼肉店の条件とはなんですか?

 いい焼肉店の条件、それはどれだけ「タレ」にこだわっているかです。

「タレ」ですか!

kijinaka-beef-eater はい、「タレ」です。
 言ってしまえば、お肉はお金さえ出せば美味しいものが食べられます。1万円のアメリカ産の肉と10万円の神戸牛があったら、間違いなく神戸牛の方が美味しいですよね。でも1万円のアメリカ産の肉でも美味しいと思わせる、それがタレの仕事なのです。同じ肉だったとしても、タレが違うだけで好きにも嫌いにもなります。
 だからいい焼肉屋さんはタレに一番こだわりを持っています。極端な話、美味しい肉を食べるだけなら自分で買ってきて家で食べることもできますし、市販の焼肉のタレでも十分美味しく味わえます。

 それでもわざわざ当店に足を運んでお肉を食べていただけるということは、来店されるお客様は、当店のタレを気に入っていただいているということです。自分の好みじゃないタレのお店になんか行きたくないですからね。
 当店ではお客様に「美味しい!また食べたい!」と言っていただけるようなタレを、こだわりにこだわりを重ねて作っています。

「タレ」に対してどのようなこだわりがございますか?

 他店と同じタレで勝負しても、店のカラーというのは出しにくいです。
当店の一番の特徴は「味噌ベースのタレ」ということです。松山の焼肉店は比較的サラサラとした醤油ベースのタレが主流ですが、当店は醤油に味噌を加えて少しドロッとしたものに仕上げています。
 もちろん素材にもこだわっていて、醤油は私の地元である大洲の醤油を使っています。これがすごく美味しいんですよ。そして大洲の醤油に合う味噌を探すために全国各地を食べ歩き、九州で一番ぴったりの味噌を見つけました。それからはずっとこの組み合わせでタレを作っています。

他にはどんなタレがありますか?

 当店のつけダレはこの1種類だけです

たくさんあった方がお客様も喜ばれるのでは?

 作れなくはないのですが、万人に合わせるのはあまり好きではありません。だってブレてしまいますから。
 当店のカラーはこの味噌ダレなので、「BEEF EATERに来たからには味噌ダレだけで召し上がって下さい。」というスタンスをとっています。ここが「辛いタレもありますよ!」「レモンでも美味しいですよ!」となってしまうと、お客様に自慢の味噌ダレを楽しんでいただけなくなるかもしれませんからね。

「たった1種類の味噌ダレ」しかありませんが、この味噌ダレこそがBEEF EATER最大の「カラー」だと思っているので、ここのこだわりは絶対に外すことはできません!

もともとは地元の大洲にお店を出されていたとお聞きしましたが

 はい。松山に来たのは半年前で、1年前までは大洲で複数の飲食店を経営していました。しかし、西日本豪雨によってお店が水没してしまい、閉店を余儀なくされたので松山に移ってきました。

次のページ『何事も、ブレずに貫き通せるかどうか!』

ページ:
1

2

3

会社概要

社名:BEEF EATER
代表名:井上 将悟
住所:愛媛県松山市一番町2-5-25 GOODWINビル4F
TEL:089-913-7654
URL:http://beef-eater.com
事業内容:・宿泊業/飲食業

サービス紹介

beef-eater-jigyou01

『BEEF EATER』

2019.04.01 NEW OPEN

洗練された、お洒落な空間で絶品の焼肉とカクテルを堪能できるお店です。
美味しいお肉とお酒で”ワンランク上”の最高なおもてなしを致します。

皆様のご来店を心よりお待ちしています。

当店のHP・SNSはこちら
ホームページ
Facebookページ
Instagramページ

beef-eater-jigyou02

『洗練された上質空間』

バーカウンターを備えたシックかつ上品で落ち着いた雰囲気の店内。
各テーブルに無煙ロースターを完備し、服に匂いがつかないのでお気軽にお越しいただけます。

一日の締めくくりから二次会、イベントでの貸切まで幅広くご利用でき、貸切は20名から40名まで対応しております。
ご予算などはお気軽にご相談ください。

当店のHP・SNSはこちら
ホームページ
Facebookページ
Instagramページ

beef-eater-jigyou03

『秘伝の味噌ダレ』

当店の味噌ダレは、オーナーの地元である愛媛県大洲市の醤油に合う味噌をオーナー自ら全国を食べ歩きながら探し出してブレンドしたものです。
松山では珍しい味噌ベースのタレは、肉の旨みを引き立てるとお客様からの人気が高く、厳選された上質なお肉と秘伝のタレで旨味を余すことなくご堪能いただけます。

当店のHP・SNSはこちら
ホームページ
Facebookページ
Instagramページ

beef-eater-jigyou04

『100種類以上のお酒をご用意』

アルコールメニューは100種類以上を豊富に取り揃えており、中でもお店の名前にもある「BEEFEATER GIN」をベースとしたカクテルが特にオススメです。

深夜4時まで営業しているので、お腹いっぱいの方でもバーカウンターでお酒を楽しめます。

当店のHP・SNSはこちら
ホームページ
Facebookページ
Instagramページ

beef-eater-jigyou05

『ちょっと物足りない時にはBAR FOOD』

焼肉やお酒だけでなく、少しお腹が空いたという方の為に、ピザやサラダ、ポテトフライ、チーズ、枝豆、ナッツなどBAR FOODもご用意。
深夜の時間帯にももってこいなメニューをご準備しています。

当店のHP・SNSはこちら
ホームページ
Facebookページ
Instagramページ

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

『この記事を書いた人』

松山大学
大西 清楓

『この記事を書いた人』

松山大学
山田 智也

『この記事を書いた人』

愛媛大学
多賀谷 直樹

『この記事を書いた人』

松山大学
山根 大輝

『この記事を書いた人』

松山大学
川崎 詩歩

『この記事を書いた人』

愛媛大学
矢野 愛茄里

ページ上部へ戻る