INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「DAY1 日本の教育では英語を「話せる」ようにはならない。」

Solo Group
角田 潤 代表

  • 2016/6/15
series-sologroup101-1

series-sologroup101-1

日本の教育では英語を「話せる」ようにはならない。

 先日公立学校に勤めていた頃の同期と話していたのですが、「学校教育では英語で話せるようにはならない」という話題になりました。同期の友人は英語を喋ることができるのですが、喋れない英語教員が黙々と黒板に文字を書いている姿を見て「英語教育はこれでいいのか!」「教員が無言で英語を教えるスタイル」はナンセンスだ!と憤っていました。

 カリキュラムに沿っただけの英語教育は子どもたちに英語力は身につかない、と私も考えています。

楽しければ、自然と身につく

 では、どうすれば英語が身につくのか?英語の教員と英語の学習塾講師、二つの職業を経験して出た結論は、「英語教育は知識を教えるのではなく、学習者の興味関心を引き出すことが全て」というものです。

 言語の習得は「ここまで学べばゴール!」というものがありません。人生を通して学び続けるもの、いわゆる生涯学習の一つとして捉えることができます。一生続けるのであれば、学ぶことに楽しみを見出さないと続きませんよね。

 さらに、その楽しみは学校の勉強では見出せないんです。外国の文化を知りたい!映画を見たい!英語が話せるようになりたい!など自分が主体的に英語学習に興味を見出すしかありません。楽しみこそが英語学習の原動力です。

次のページ『「テスト点数重視」が子どもの興味関心を消す』

ページ:

1

2

会社概要

社名:Solo Group
代表名:角田 潤平
住所:愛媛県松山市南堀端町 5-6 401
事業内容:・留学エージェント ・留学支援

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る