INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「 感謝 謙虚 素直 」 大きな努力で小さな成果を!

義農味噌株式会社
田中 正志 代表取締役社長

  • 2020/9/9
i-catch-gino-miso

麦味噌誕生秘話〜親子で歩んだ麦味噌の歴史~

御社の創業のきっかけを教えてください。

 創業者である父は仕事熱心で、高校時代には学業とアルバイトの傍らに、60㎏もの野菜を自転車に積んで配達し、学校から帰ると、和菓子屋を営んでいた当時の町長さんに、お菓子の原料である水飴を作って配達していました。

 父は高校卒業後水飴作りを本業にしていました。しかし当時は戦後間もなく、全国的に甘味料が不足していました。
 愛媛はみかんの生産が盛んであり、黄色いダイヤと呼ばれるほど希少な果実だったので、みかんを高値で売り、水飴のの原料である馬鈴薯を調達できる北海道に目をつけました。

 当時200万円(今の金額にして2000万円)の借金をして、みかんを買い集め小樽に到着しました。ところが、コンテナを開けると、みかんが全て腐っていました。
 長時間かけやっと到着し、これから売ろうとしていた矢先だったので、本当につらかったと思います。
 父は帰ってきてから数か月ほど落ち込んでいましたが、こうしたミカン販売での失敗から、長く置けば置くほど美味しくなるものを作ろうと思いつき、発酵食品である味噌造りを始めました。

創業者として、経営者としてのお父様の姿を見続けてこられて、お父様に対してどのように思われていたのですか?

 幼少期からずっと父が味噌工場で働いている様子を見てきたので、創業して間もないころから、全て手作業で味噌造りをしている父や従業員の大変な様子も見てきました。
 当時小学生で書いた作文で、「義農味噌の跡を継ぎます」と書いていたので、働いている父を見てかっこいいと感じていたのかなと思います。

2003年に社長に就任された当時の心境や覚悟を教えてください。

 入社当初から、社長の息子である私が後を継ぐという自覚はありました。そのため、社長に就任した時に特に意識したことはありませんでした。

次のページ『愛媛の麦味噌文化を伝承・発展させる! 後世に残す故郷の味』

ページ:

1

2 3

会社概要

社名:義農味噌株式会社
代表名:田中 正志
住所:愛媛県伊予郡松前町永田345-1
TEL:089-984-2135
事業内容:・製造業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

『この記事を書いた人』

松山大学
大西 清楓

『この記事を書いた人』

松山大学
山田 智也

『この記事を書いた人』

愛媛大学
多賀谷 直樹

『この記事を書いた人』

松山大学
山根 大輝

『この記事を書いた人』

松山大学
川崎 詩歩

ページ上部へ戻る