INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

背伸びせずに一歩一歩前に進もう

株式会社 たけうち
竹内 信司 代表取締役

  • 2018/2/8
i-catch-takeuchi

労研饅頭の思い出を繋いでいく

購入されるお客様の層は、ご年配の方が多いのでしょうか。

 そうですね。
 戦前は学校の売店に卸していたそうです。労研饅頭の思い出=学校の思い出という方は結構いらっしゃいます。

 その頃親しんでくださった方の子供や孫、ひ孫の代の皆様が食べてくださっていることが、松山で労研饅頭がまだ残っている理由なのかもしれませんね。
 たまに若い方が1個2個労研饅頭を買ってくれた時は、嬉しいです。味が受け継がれていることを確かめられるので。

 あと、労研饅頭を「まんとう」と読める子供は、この付近に住んでいる子供たちです。
 少し離れた校区の小学校を工場見学に受け入れることがあり、その時に労研饅頭を「まんじゅう」と読んだり、食べていても名前を知らなかったりします。もっとPRしなくてはいけませんね。

本当ですね。労研饅頭の魅力を広く発信するために、どのようなことをしていきたいと考えていらっしゃいますか。

 今はFacebookのアカウントを作って更新しています。
 若い人たちはTwitterやインスタグラムを使うことが多いそうですね。最近では、愛媛の女子学生によるファッションイベント「Ehime Collection 2017」のファイナリストの方がTwitterで労研饅頭について情報を発信してくれたこともあります。とても発信力があると思います。

SNSの拡散力はすごいですよね。それでは、創業100周年に向けてなにか抱負はありますか。

 毎日のことをコツコツと積み重ねて100周年を迎えられたらと思います。

 また、今年は大街道支店を改装することになっています。
 初めて松山に来られた方が、大街道を歩いていて目に留まるような、雰囲気のあるお店にしたいです。大げさになってしまうかもしれませんが、大街道の名所となるような場所になれたらと思います。

ここの本店もとても雰囲気があっていいですよね。最後に、若者に向けてメッセージをいただけたらと思います。

 何事も経験が一番です。

 とにかく経験して、行動して。行動せずに後悔するより、行動して後悔した方がいいです。自分にも言い聞かせているんですけれど。(笑)
 背伸びせずに、少しだけ、一歩でも踏み出すと何かが変わるかもしれません。

私も二の足を踏むことがよくあります。大きな一歩より、小さな一歩を重ねていけるように努力していこうと思います。
本日はありがとうございました。

インタビュアーより

 柔らかな笑顔で出迎えてくださり、インタビュー中もとても丁寧に対応してくださいました。86年の伝統を守り続けてきた代表の言葉には、優しさやその中にある芯の強さを感じました。
 一番感動したことは、全国で愛媛だけが酵母を使った労研饅頭を作っているということです。酵母菌を戦時中も絶やすことなく、脈々と受け継いできた労研饅頭の背景に畏敬の念を抱かざるを得ません。
 創業以来、松山で愛されてきた労研饅頭ですが、インタビューをさせていただいている間も、多くのお客様が来店されていました。労研饅頭が今もなお松山市民から愛されていることを実感しました。
 竹内代表、貴重なお話をしていただき、ありがとうございました。
 また、労研饅頭を買いに行きますね。
兼頭 里奈

ページ:
1 2

3

会社概要

社名:株式会社たけうち
代表名:竹内 信司
住所:愛媛県松山市勝山町2丁目12-10
TEL:089-921-8457
事業内容:・製造業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

ページ上部へ戻る