INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「1回のチャンスを大事に」

有限会社 三和商事
岡田 文平 代表取締役

  • 2015/7/22
i-cath-sanwashoji

経営者になるまでの経緯

経営者になるまでの経緯を教えてください。

 中学卒業後、高校に少しだけ通いましたが、事情があり辞めざるをえませんでした。その後、働き始めました。 最初は、遊ぶお金ほしさに働いていましたが、どれだけ遊んだとしても、仕事は一度も休んだことありませんでした。いろいろなことをしたくて、いろいろな仕事もしました。小さい頃から経営者になりたかったわけではありません。

 元々、土木業で働いていましたが、材料費、機械などでたくさんお金が掛かっていました。しかし、トラック1つあればなんでもできるという単純さ、トラックが好きということもあり、結局、この運送業にたどり着きました。

 昔は、貯金して車を買ったり、売ったりもしていましたが、仕事する車を綺麗にして、好きなトラックでお金を生み出せる方が効率いいと思いました。父親が経営している会社で10年ぐらいトラックのノウハウを学んでいましたが、いつまでも迷惑をかけるわけにもいかなかったので、独立をしました。

下積み時代と経営者になってからの心境の変化は?

 当時は燃料の高騰などで仕事が激減し、トラック業界に大打撃がでた時期でしたので、仕事を小さくまとめて、どうにかやりくりしていこうと思っていました。

 会社を立ち上げるにあたって、何人かに声をかけると、「あなたがするなら一緒にするよ。」と言ってくれました。人に恵まれていたこともあり、どんどん人が増えていきました。資金力が全く無い状態で始めたので、生活が厳しい時期もありましたが、経営者として、私についてきてくれた従業員への給料だけはちゃんと払っていました。

 10年間会社を続けていくのが厳しい時代ですが、私は1年間で十分だと思います。確かにお金も大事ですが、やはり人材ですね。その1年でどれだけの人達が私を助けてくれるかが大事だと思います。1年助けてくれない人は、10年しても助けてくれないですからね。

次のページ「仕事よりマナー~ダンプが人生を変えた〜」

ページ:

1

2 3 4

会社概要

社名:有限会社 三和商事
代表名:岡田 文平
住所:愛媛県松山市東石井7丁目5-3
TEL:089-970-7755
事業内容:・一般貨物運送事業 ・産業廃棄物収集運搬業 ・建設 ・土木事業

サービス紹介

eigyou

『SMALL IS BEAUTIFUL COMPANY』

私たち有限会社 三和商事は、小規模な企業ではありますが、事業活動を通じて「小さいながらに美しい企業」を目指し、お客様のあらゆるニーズにお応え出来るサービスを準備しております。

所在地:
本社営業所 愛媛県松山市東石井7丁目5-3
松山営業所 愛媛県松山市北梅本町26番地
東温事業所 愛媛県東温市田窪1909-1
電話:089-970-7755 FAX:089-970-7756

eigyou

『事業内容』

《一般貨物運送事業》
●愛媛県トラック協会加盟
■高陸自認 第1327号
■重機・建機運搬
■各種ダンプカー運送事業
■軽貨物運送事業

《産業廃棄物収集運搬業》
■愛媛県知事許可 3802177767号

《建設・土木事業》
■土木・造成工事一式
■各種砕石・真砂土販売
■重機オペレーター作業

eigyou

『経営理念』

行動指針 弊社 社員は、
■安全第一・人命を第一に尊重し行動します。
■プロではなくてはならない。
■お客様の立場にたって考え、行動します。
■お客様の効率/改善/発展に必要な事は必ず提案します。
■常にセールスドライバーであるよう最善の努力をします。

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る