INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

好きこそ物の上手なれ

はり灸サロンまぁる
坂本 智子 代表

  • 2017/1/23
i-catch-malmalmatuyama

やりたいことだからこそ続けられる

今後の展望をお聞かせください。

 前述した通り当院は女性に元気になってもらうのがコンセプトですので、治療の面だけでなくお母さんや女性が元気になれるための空間を提供していきたいと考えています。
 そのために治療院外での講座やセミナーの開講も視野に入れています。

 加えてはり灸の普及活動もして行きたいなと考えています。まだまだはり灸と言えば「痛い・熱い」のイメージが強いと思うので、そのイメージを少しでも変えていきたいです。

進路に悩んでいる若者にアドバイスをお願い致します。

 職業に就くためのやりたいことが見つからないという人が多いような気がします。
 例えば助産師になりたいからといって人へのボランティアや奉仕活動が好きかと言われるとそこは繋がらないのです。

 やりたいことと職業は直結しなくてもいいのではないでしょうか。
 やりたいことの先に職業があれば1番いいと思います。例えばケーキを作るのが好きでパティシエになるような場合です。
 ですがパティシエになるためにケーキを好きにならなくてはならないというのは違うと思いませんか?

 まずは好きなことをやってみて続けたい、突き詰めたいと思った時にやりたいことが仕事として成り立つのです。「好きこそものの上手なれ」ということわざにもあるように好きなことでないと続かないですし、上達しないと思います。やりたくないことを仕事にするのはとても苦痛な話です。
 ちなみに私は仕事をしている感覚があまりありません。好きだからはり灸をしているだけで、仕事と思って、してしまうときつく感じてしまうのではないかと思います。ただただ自分のしたいことに「助産師」という名前が付いてるだけだと捉えています。

 ただ気を付けてほしいのは、好きだからといって100%の力を出し続けてしまうと体を壊してしまうので続けることが困難になります。ですから時には良い意味での堕落も必要なのではないかと思います。

 都会の方は100%120%の力で仕事をされていると思いますが、バリバリ仕事をしていると50代を過ぎた頃でガス欠状態になりかねないので気をつけた方が良いです。
 「人生100年設計」と考えると定年後に力を残しておくためには6割から8割の力で仕事をしていくのがいいのではないかと私は考えています。

 学生の皆さんはこれから社会に出て頑張っていかなければならないと意気込んでいると思うのですが、実際に働いてみると1年や2年で体調を崩される方も少なくないのが現実です。
 私も新人の頃は慣れない現場で常に緊張状態で仕事をしていました。当時を振り返ると実家住まいで本当に良かったと思います。一人暮らしだったらどうなっていたのだろうと考えると怖いです。

 最近では過労死などのニュースも度々取り上げられています。若い方の中には社会にうまくなじめずに精神疾患をかかえられる方も多いです。不眠症やひきこもりになるケースなども考えられます。
 そういう方は 非常に真面目な場合が多いです。自分で自分を責めてしまうのです。失敗しても私はいいと思います。若いうちは失敗して怒られておくべきです。怒られて居づらくなるような職場でしたら辞めた方が良いと思います。失敗を糧に次を頑張れと背中を押してくれる会社は良い会社です。

 私の知人に大企業に勤める旦那さんの奥様がいるのですが、話を聞いていると旦那さんが日々疲弊していくのが目に見えるため休日の家族サービスなど以ての外みたいで、とにかく休ませてあげたいというほどだそうです。
 そういう状態が続くと家庭崩壊なども考えられると思います。実際に離婚率が上がっているのも過重労働などが少し影響しているのではないかと考えられます。それを防ぐためにも会社も社会も少しずつ変わっていく必要があると思います。

最後に若者にメッセージをお願い致します。

 無理にやりたいことを探す必要もないのかなと私は思います。大学を卒業してフリーターになるのでも全然構わないと思います。
 いつからでも始められますし、やり直すこともできます。もがいて探さなくても、やりたいと思うことはいつか必ず見つかります。
 きっかけは誰にでも必ず訪れるのでそれを待つのも良いでしょう。毎日、朝ワクワクできるような日々を過ごせられたらいいのではないでしょうか。成功した他人を見て負い目に感じる必要もないと思います。

 20代は迷走と挑戦の時期、30代は何かを見つけて探求する時期、40代は輝く時期だと考えています。ですから、今は大いに迷っていいと思います。
 働くことが良いことと誰が決めたのでしょうか。生活するために働くと考えるとしんどいと思います。生活は苦しくても楽しいと思えることが1つでもあるのならそれを続けてみることが大切です。
 いつからでも人生はやり直すことができますし自分の今の仕事から転職することもできるのです。人生楽しむことが一番です。

 

インタビュアーより

 転職をご経験された坂本代表がおっしゃられたからこそか「人生はいつからでもやり直せる」という言葉に非常に説得力を感じました。自分自身まだ進路に迷っている部分もあり焦っているところもあったのですが、坂本代表に「焦らなくてもいいのだよ」とお声掛けいただき少し気持ちが楽になった部分もありました。
 これからの時代、転職をご経験される方も社会には多くなってくるのではないかと思うので、そういった方にも見ていただきたい記事です。坂本代表、本当に有難う御座いました。
山本 隆生

ページ:
1 2

3

会社概要

社名:はり灸サロンまぁる
代表名:坂本 智子
住所:愛媛県松山市東石井6丁目5-12 グランドハイム東石井206
TEL:090-7035-9745
URL:https://malmalmatuyama.jimdo.com/
事業内容:・医療業/福祉

サービス紹介

eigyou

『サロン紹介』

○愛媛県松山市 女性による女性のための鍼灸サロン

当院は助産師の臨床経験と知識をもったスタッフが、女性のために開いた治療院です。
尖った気持ちをまぁるくしましょ♪おひとりおひとり、じっくりマンツーマンで対応いたします。

▼HPはこちら
https://malmalmatuyama.jimdo.com/

▼Facebookはこちら
https://www.facebook.com/tomtommoko/

▼アメブロはこちら
http://ameblo.jp/harikyu-mal/

eigyou

『女性専門』

○まぁるの理念
全ての女性が、身体的精神的に満たされ、日々の生活に幸福と活力を見いだせるよう東洋医学的アプローチでサポートする
働く女性を応援し、妊娠出産子育てまで切れ目なくケアがうけられるよう地域サポーターとしての役割を担う

女性の笑顔はまわりを明るくします。あなたに元気でいてほしいから。
まぁるはあなたの心と身体を応援します。

▼HPはこちら
https://malmalmatuyama.jimdo.com/

▼Facebookはこちら
https://www.facebook.com/tomtommoko/

▼アメブロはこちら
http://ameblo.jp/harikyu-mal/

eigyou

『お灸教室』

○痛くなく、熱くなく、心地よい刺激

「お灸に興味があるけどやり方が分からない」「お灸は熱そう・痛そうで怖い」というイメージをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

最近のお灸は様々な方法で熱さを調整できるようになっています。
当サロンではお灸教室を毎月開催しています。また個別・出張でも対応しています。
まだ始めてない方、すでに始めている方、どなたでもお気軽にご参加ください。

▼お申込み・過去のイベントの様子はこちら
https://malmalmatuyama.jimdo.com/イベント/

▼Facebookはこちら
https://www.facebook.com/tomtommoko/

▼アメブロはこちら
http://ameblo.jp/harikyu-mal/

eigyou

『出張施術』

来院が困難な方のために、出張施術も承っております。

出張の料金は要相談となります。

まずはメールまたは電話にてお気軽にお問合せください。

▼HPはこちら
https://malmalmatuyama.jimdo.com/

▼Facebookはこちら
https://www.facebook.com/tomtommoko/

▼アメブロはこちら
http://ameblo.jp/harikyu-mal/

eigyou

『サロン情報・お問い合わせ』

マンションの1室で、誰かの家に遊びに来たくつろぎと癒しをイメージして作っています。

皆様のお越しをお待ちしています。

営業時間:9:00~17:00(不定休)
住所:〒790-0932 愛媛県松山市東石井6丁目5-12 グランドハイム東石井206
TEL:090-7035-9745 【完全予約制】
MAIL:malmal.matuyama@gmail.com

▼HPはこちら
https://malmalmatuyama.jimdo.com/

▼Facebookはこちら
https://www.facebook.com/tomtommoko/

▼アメブロはこちら
http://ameblo.jp/harikyu-mal/

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る