INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「できる範囲で興味のあることをやってみよう」

HAIR SALON Goes Hair
上野 康広 代表

  • 2016/2/24
i-cath-goes-hair

お店を継続していくための付加価値とは?

今のお店をオープンして20年になりますが、苦労したことはありますか?

 おかげさまでオープン当初から順調でした。実際実力以上の結果を出させてもらっていたのでしょう。今考えると昔の技術でよく許してもらっていたなと思います。

 体力的にはしんどかったです。日付が変わって寝ることが連日でした。22、23時に仕事が終わり片づけをし、外に夕食を食べに出ていました。しかし夜遅いため居酒屋ぐらいしか空いていません。その頃は食費だけで月20万円はしていましたね。今では慣れて体がしんどいということはなくなりました。

 また最近周りには低料金の店が多く出てきて、そちらにお客が流れるようになりました。生き残るためには他の店との差別化を図らないといけません。値段を安くすることは簡単ですが、そうすると高くすることが難しくなります。私のお店はオープンして1度も料金を変えていません。実際に私のお店の料金が高いと仮定しても、高い料金に見合うものを提供していく気持ちはあります。

 お客さんの中には20年以上の付き合いの方もいらっしゃいます。中には遠くに引っ越したにもかかわらず、こちらまで来てくださる方がいらっしゃいます。例えば3か月に1度高知から来店される方がいます。そういう方が来てくださると安心感がありますが、甘えてはいけないと思っています。もしかしたら今回で最後かもしれないという危機感を持って仕事をしています。もしお客さんとなれあいになってしまったり、ため口をきいてしまったりしたら、自分を戒めています。

仕事をしていく中で大事にしていることはありますか?

nakakiji-goes-hair 有益な情報をお客さんに流すことを大事にしています。例えば髪の毛のケアの話とか、奥さんなら子育てや料理の話とか、お客さんによってどういう情報を流したら喜ぶか考えて話をしています。それがお客さんへの付加価値になります。自分が楽しんでいないと、人を楽しませることは出来ません。まじめにやることもいいですが、楽しいことをしていないと、人は引き付けられません。いろいろなお客さんがいらっしゃいますが、実際魅力のある人は会話の引き出しが多いです。

次のページ『学生へのメッセージ』

ページ:
1

2

3

会社概要

社名:HAIR SALON Goes Hair
代表名:上野 康広
住所:愛媛県松山市御幸2-4-31
TEL:050-3752-6123
事業内容:・美容室

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

『この記事を書いた人』

松山大学
大西 清楓

『この記事を書いた人』

松山大学
山田 智也

『この記事を書いた人』

愛媛大学
多賀谷 直樹

ページ上部へ戻る