INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「仕事は人生の3分の1を占めている」

株式会社FESREC
三谷 洋右 代表取締役

  • 2015/6/4
i-cath-fesrec

とりあえず医者!ではなくて、とりあえず薬剤師!?

起業してから壁にぶち当たった事はありましたか?

nakakiji-fesrec 金銭面では大きく苦労したと思います。前職の時にはお店を新しくオープンする事もあり自分も関わった事もありましたが、自分がお店を出すとなると全然違いますね。自分のお金を使っての銀行との取引や、家主さんとの取引が本当に大変でした。話を聞くのと実際にするという事は全然違いました。オープンしてから軌道に乗せるまではとても大変でしたが、二店舗目を出す時はこの経験がとても活きたと思います。

今の薬剤師についてどう考えていますか?

 まず、僕が仕事について考えている事は、従業員(自分達)が満足していたり幸せでないと顧客に対して、満足や幸せにする事は絶対にできないと考えています。仕事は人生の3分の1と言われています。その大事な人生の3分の1をないがしろにはできないと思います。だからこそ、どうせなら仕事を楽しもうよ!と仕事に取り組んでいます。

 そして、今の薬剤師ですが給料がいいから働くとか、月~金まで働いて土日は休みと考えている薬剤師が多いなと感じています。でも僕はそうあるべきでは無いと考えます。お客様からしたら、○○な部分はお答えできますが、××は無理なんです、なんて事は堪らない事ですから、、、薬剤師は薬の事は全て答えられて当然です。苦手な部分はあるにしても、基礎的なこと最低限のことは知っているべきです。知識があるからこそ、あらゆる患者に対して考えられる事もできるし対処もできます。僕はお客様と医者の架け橋になりたいですね。

 今の世の中はネットを参考に病院に駆け込んでみたり、何も考えずにとりあえず医者に相談ってケースが多いと思いますが、ネットって結構極端な事を書いてあったりするし、、、とりあえず病院に行くではなくても、対処できる事があります。何かあったらまずは薬剤師に相談してほしいですね。もしかしたら市販の薬や別の対処法があったりします。病院に行く程の事では無いのか、または病院でしっかりと診てもらうべきなのか、お答えする事ができます。ヨーロッパでは病院に行くと、受診するまでに一週間以上待たされる事もあり、まずは薬剤師に相談をする事が多いみたいですよ!今後は薬剤師に相談っていう流れになっていったらいいですね。

次のページ『若者へのメッセージ』

ページ:
1

2

3

会社概要

社名:株式会社FESREC
代表名:三谷 洋右
住所:松山市姫原3-7-46-1009
TEL:089-904-1167
事業内容: ・薬局 ・薬剤師

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る