INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

現在と未来があるのみ

ゲストハウスカサブランカ
眞鍋 清 代表

  • 2016/12/1
i-catch-casablanca

今の若者に言いたいこと

今の若者に何が足りないと思いますか?

 心すべきだと思うことは2つあります。1つは自分の生き方、方針をしっかりと持って継続することです。皆の意見に合わせる傾向がありますが、「自分はこの考えだ」、「自分の生き方はこれだ」というものをしっかり持ちましょう。尊敬する人を見つけてその行動をまねすることでもよい。そうすることによって、時間を無駄に使うことなく、ふらふらすることもなくなります。

 2つ目は本を読む時間が少ないということです。あなたは本を読みますか?読んでいると言われましたがそれは月に1冊、年に数冊程度ですよね?…それではいけません。本をもっと沢山読んでください。
 やはり、人生に成功する人は本を常に何冊も読んでいます。しかも、本を読んで「よかったな」「おもしろかったな」と感心して終わりではなく、よかったと思うところを吸収して取り入れています。その本の中から自分の足りないものを得ようとしているのです。
 だから、自分の好きな分野で良いから本を読みなさい。また、その本の中に自分に訴えているものを探し、1つでもいいなと思うことがあれば、直ぐに取り入れましょう。

学生へメッセージをお願いします。

 アルバイトをしながらいろんなものを吸収しましょう。お金のためとはいえ、無為に過ごすだけでは損です。例えば、接客の仕事をしているのなら、色々なお客様と会話して、そこから勉強になるものを吸収していきましょう。また、アルバイトの先輩で優れている人がいるのなら、その人の真似をしましょう。
 このように、プラス思考・プラス行動をすることにより、色々な出会いを有効活用することが大切です。日常生活の中で、適当に何も考えず生きていくだけでは勿体ないです。チャンス・機会をありがたく活かせ!

 

インタビュアーより

board-casablanca私は過ぎてしまったことを、くよくよ考えてしまう癖があります。常に頭の中で「あの時こうすれば良かった」、「あんなことがなければ成功できたのに」という文章がぐるぐる回っているのです。
 だから今回、眞鍋様のお話を伺ったときは大変驚きました。過去のことは考えず、今のことだけを考える。それは、私の考えと正反対だったからです。また、眞鍋様はくよくよ考える私と違って、とても生き生きしておられました。現在だけを見つめ、常に前進することを考えることによって、このようにハツラツと生き生きとした人になれるのだと思いました。
 私も、過去のことを全く気にしない!ということはできませんが、できるだけ過去にとらわれない生き方をし、眞鍋様のようなハツラツと、生き生きとした人になろうと思いました。
大原 有紗

ページ:
1 2

3

会社概要

社名:眞鍋 清
住所:愛媛県松山市宮田町106-2
TEL:089-941-3305
事業内容:・宿泊業/飲食業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る