INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

愛媛、松山でアパレル事業を展開されているメンズセレクトショップ ASYLUM 高岡修司代表へインタビュー

気配りは大切にしてほしい

ASYLUM
高岡 修司 代表

  • 2015/7/8
asylum-i-cath

 

若者へのメッセージ

お客様との接し方で気を付けていることはありますか?

 ケースバイケースですけどね(笑)でもお客様一人一人を見て声をかけるようにはしています。もちろん話しかけてほしくないお客様もいらっしゃいますからそういう時は声をかけませんが(笑)

これからの高岡代表の夢を教えてください!

 プライベートではフェラーリオーナーですかね(笑)仕事の夢ももちろんあります。30代40代のお客様が多いのが現状で、長いスパンでみると入れ替わりとかもあります。でも一番は、とにかくお店を好きになってくれる人が増えるといいなと思っています。

 年代、層を問わずというのもありますけど、こういうジャンルの洋服は自分が学生のときからありました。なので現在の学生さんにも買う、買わないは別にして、どういう世界が広がっているのか知ってほしいというコンセプトみたいなものはありますね。また50代60代の方々にもお店を知っていただいて、足を運んでいただきたいなとも考えています。

最後に若者に向けてメッセージをお願いします!

 あまり学生さんと交流がないので難しいですけど、気配りは大切にしてほしいです。もちろん学生さん自身のバイト先の接客にも関連してくると思います。お洋服にも通ずるところがありますが、服を整えることも気配りだと思います。

 実際、自分の学生時代も接客が上手だった先輩方は服装にも気配りができていてとてもおしゃれだった印象があります。おしゃれっていうと着飾るイメージがあると思いますが、着ている本人も周りの方も気持ちよく過ごせるのが理想かなと僕は思います。やっぱり独りよがりのおしゃれはかっこよく見えないですからね。そういった視点ももっておしゃれを楽しんでほしいなと思います。

インタビュアーより

bord-asylum

本日は、メンズセレクトショップにお伺いさせていただきました。
自分も、アパレル関係のアルバイトをしていることもあり、ファッションから接客に至るまでとても勉強させていただく点がたくさんありました。人の第一印象は会って3秒で決まると言われます。服装もその大切な一要素であるはずです。周りの人を笑顔にできる、気持ちよく過ごせるスタイルを僕も探求し続けていきたいです。
濱村 駿介

ページ:
1 2

3

会社概要

社名:ASYLUM
代表名:高岡 修司
住所:愛媛県松山市三番町3-2-3
TEL:089-921-6780
事業内容: ・小売業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

『この記事を書いた人』

松山大学
大西 清楓

『この記事を書いた人』

松山大学
山田 智也

『この記事を書いた人』

愛媛大学
多賀谷 直樹

『この記事を書いた人』

松山大学
山根 大輝

『この記事を書いた人』

松山大学
川崎 詩歩

ページ上部へ戻る