INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

愛媛、松山でアパレル事業を展開されているメンズセレクトショップ ASYLUM 高岡修司代表へインタビュー

気配りは大切にしてほしい

ASYLUM
高岡 修司 代表

  • 2015/7/8
asylum-i-cath

 

環境を言い訳にだけはしたくない

現在のお仕事で壁にぶつかったこと、苦労したことはなんですか?

 しんどいなと思うことはたくさんあります。今でも壁にぶつかったり、たくさんの労を費やすこともあります。でもそれを口にしないようにしています。意地みたいなものもありますから(笑)

 自分から現在の環境に身を置いている以上、やらされているわけではないのでそこは常に考えています。時には愚痴を言いたくなる時もありますけど、言っても「じゃあ、辞めれば」ってなって、やっぱりお店を持っている以上、責任感とプライドはもって毎日仕事をしています。

どういった時に喜びや楽しさを感じますか?

nakakiji-asylum やっぱりたくさん商品が売れた時ですね(笑)自店に来てくださるお客様の中には、ブランドを気に入ってくださる方、お店自身を気に入ってきてくださる方もいらっしゃいます。でもお店はそんなに大きくないですし、場所もそんなに目立つところにあるわけでもありません。
 だからこそ、来てくださるお客様一人一人は本当に大切にしています。ですから、お店に何度も足を運んでくださるお客様がいてくれたりすると本当に嬉しいです。全国津々浦々、僕のようなお店はたくさんあると思いますが、どのお店も同じように考えていると多います。

学生さんもお店に来られたりするのですか?

 学生さんは少ないですね。でもいつでもウェルカムです(笑)地域によっては、こういったお店が学生さんにウケている所もあるみたいです。学生さんに興味を持ってくれる方が増えればいいなと思いますね。

 あとはお店の使い分けなんかもできるといいかなと思いますね。これは飲食にも通じることだと思います。自分の行きつけのお店には素材や品質など、それぞれのよさがあってそれを求めてお店を訪れるように服に関してもたくさんのお店からそのお店ならではの良さを選んで、それをコーディネートするのもファッションの楽しさだと思います。

これからお店を大きくしたいと考えていますか?

 それはないですね。手狭ではあるのでタイミングがあれば移転とかも考えてはいます。でもビジネスとしてどんどん大きくしたいとかは考えてないですね。

次のページ『若者へのメッセージ』

ページ:
1

2

3

会社概要

社名:ASYLUM
代表名:高岡 修司
住所:愛媛県松山市三番町3-2-3
TEL:089-921-6780
事業内容: ・小売業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

『この記事を書いた人』

松山大学
大西 清楓

『この記事を書いた人』

松山大学
山田 智也

『この記事を書いた人』

愛媛大学
多賀谷 直樹

『この記事を書いた人』

松山大学
山根 大輝

『この記事を書いた人』

松山大学
川崎 詩歩

ページ上部へ戻る