INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「よく学びよく遊べ」

佐川印刷株式会社
佐川 正純 代表取締役

  • 2017/3/9
i-catch-sakawa

地域を強くする、自分を強くする

今後の事業の展開を教えてください。

 今、私の会社では「Eのさかな」という情報誌を出版し、愛媛の魚をPRしています。

 愛媛といえばみかん!と県外の人が口をそろえて言うほど、愛媛はみかんが有名です。
 しかし、魚はみかんほど有名ではありません。
 だから、私としては魚の方を、愛媛をもっと元気にくる素材として使いたいのです。

 なぜ、印刷会社なのに愛媛を元気にする仕事をしているのか?と言いますと、地域を元気にすることで私たちの会社も元気になるのだと思っているからです。

 我々の会社は情報産業だから、地域が衰退して人が一人もいないところで仕事はできません。
 だから、地域を元気にして私たちも元気になるように頑張らないといけないのです。

 また、私たちの会社では、地域の中での情報交換を促すのではなく、都会に愛媛の情報を撒く仕事をしています。
 “愛媛はこんな鯛が有名なのか”“この前食べた鯛は、愛媛産の鯛ってメニューに書いてあったな。だから美味しかったのか”と、都会の人に思って貰えるような情報発信のお手伝いをしています。

今の若者に対してどう思われますか?

 今の若者は若者で良いところは沢山あります。

 例えば、昔の若者よりも今の若者は真面目だと思います。
 最近の若者は、インターンシップにも積極的に参加し、大人の話をしっかり聞いて何かを得ようとしています。昔の若者は大人の話を聞こうとしなかったですからね。そういう所が、真面目だと私は思います。

 今の若者は・・・と批判する声をよく色々なところで聞くけれど、今の若者は若者で良いところは沢山あるのだから、自分達の良さに気づいて強くなってください。

学生にメッセージをお願いします。

 よく学びよく遊んでください。

 

インタビュアーより

  佐川代表は、相手の視線に合わせてコミュニケーションを取る天才だと思いました。
 男女との違いを考えたり、社員さん一人一人の事情を考えながらコミュニケーションをお取りしているとお聞きしました。また、インタビュー中にも私でも分かりやすいように発言して頂き、大変楽しいインタビューになりました。
 私は将来、広告・印刷業界で働きたいと思っているので、佐川代表のように相手の視線に合わせてコミュニケーションを取れるように練習します。佐川代表、貴重なお時間作って頂きありがとうございました。
大原 有紗

ページ:
1 2

3

会社概要

社名:佐川印刷株式会社
代表名:佐川 正純
住所:愛媛県松山市問屋町6-21
TEL:089-925-7472
事業内容:広告/メディア

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る