INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

インタビュアー:大河原 慧

profile
大河原 慧
(オオカワラ サトシ)
インターンシップ
昭和61年1月21日生まれの水瓶座 28歳

interviewer01

熊本県熊本市生まれで愛媛大学農学部へ進学のため愛媛県松山市に。
農学部生物資源学科を卒業後は更に研究に取り組むため同大学大学院の農学研究科に進学。
修士課程在籍時にインドネシアにて研究を行い「インドネシアにおける木造漁船の動力化とそれに伴う漁村の暮らしの変化」についての論文を発表したことにより修士号を取得。
修士課程修了後は、愛媛県立衛生環境研究所に非常勤職員として勤務の傍らインドネシアについて独学で勉強し、現在もインドネシアへの移住を夢見ています。

message
通常インターンシップといえば学生が就職活動に先駆けて就労経験を得るために行うものです。
私、大河原は28歳ですが学生生活も長く、離職後の就職活動もうまくいかなかったり、一般的知識・コミュニケーション能力等、自分には社会人として沢山の不足物があると感じています。

大学生だけではなく学卒者向けとしてのインターンシップの受け入れをして頂いたことにより、経営者インタビューを通じて、今後仕事をする上で社会人としてのモラル・仕事のスキル、業界の知識・愛媛の知識等を習得していく事で自信を付けていき、いつの日か一人前の社会人として自信をもって旅立ちたいと思います。

インターンシップで得られる経験のほとんどは価値がつけられないほど尊いものだと思います。
これからが第二の出発だと思いたくさん吸収をしていきます。

皆様、何卒、宜しくお願い致します。

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る