INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「自分自身の生き方や考え方で周りの環境は変えられる」

山の手リゾート株式会社
帽子 大輔 代表取締役社長

  • 2014/11/26
i-cath-yamanote-resort

福山
それでは始めさせて頂きます。本日はよろしくお願い致します。
ホームページを拝見させて頂いたのですが、明治18年からの歴史があると記載されておりますが、帽子大輔代表は何代目になるのでしょうか?

帽子
6代目ですね。

福山
6代目って凄いですね!
では現在のホテル業に入られるまでのことを教えて頂いてもよろしいでしょうか。

帽子
まず、高校までは愛媛県にいて、大学は和歌山の高野山にある真言宗のお坊さんの大学へ入学をしました。

福山
えっ、お坊さんですか!?

帽子
はい。
そこで仏教に関することや文学などを学び、頭を剃り、僧名も頂きました。
卒業して2年程は海外へ留学し、色々と好きなことをさせてもらいました。
ただ、もともと家業の旅館業を継ぎたいという想いがあり、24歳ぐらいの時に実家に帰り、就職をしました。
そして今から13年前の2001年に、昔ながらの日本旅館からホテルにスタイルを変え、現在に至ります。

福山
もともとお坊さんになりたかった訳ではないのでしょうか。

帽子
そうですね。
お坊さんになりたかったというよりも、修行を積むことで、自分の精神修養に繋げたいと思って入学をしました。

福山
その時に学ばれたことは、現在のお仕事にも活かされているのではないでしょうか。

帽子
活かされていれば、嬉しいですね。
ホテルに限らず接客・サービス業では、仏教の教えに学ぶべき所は多いと思います。

福山
なるほど。
帽子代表は6代目の経営者とですが、代々で受け継がれている経営理念などはあるのでしょうか。

帽子
nakakijii-cath-yamanote-resort
はい。
時代が変わっても道後にある古き良きものはそのまま残るものです。
先代社長から「変わりゆく時代に変わらないものを残していきましょう」との言葉を頂いています。
昔の旅館だった頃から代々受け継がれている良いものを出していこうと考えていて、例えば食器も備品も価値のあるもの、また、こだわりのあるものを使っています。
そういう理念で経営をしてきたので、「古き良きものをずっと変わらず続けていく」ということが一つのつながりとしてずっとあります。
また、伝統を重んじ家庭的なおもてなしの心を大切にする精神を、忘れることなく受け継いで行きたいですね。

福山
なるほど。
「古き良きものをずっと変わらず続けて行く」とありましたが、食器や備品の他にもずっと変わらず続けていることがあるのでしょうか。

帽子
そうですね。
当ホテルの場合はオールドイングランドという一つのテーマがあります。
なぜ英国をテーマにしているかというと、英国には長い歴史の中で成熟した 社会の特に核心となる部分、それを大事にしつつリニューアルするという文化があります。
私のホテルも新しいものと古いものの融合を意識した建物にしています。
壁 紙一つ取っても、ヨーロッパからの輸入品を使っていたりと、こだわりがあるのですが、それ以上に、例えば当ホテルだったらホテルさんにあるよう なお土産物屋を置いておらず、でも買い物はちょっとしたいというお客様のためにヨーロッパのお菓子を置くようにして、統一感は崩さないようにしています。
また、当ホテルでは11月1日からクリスマスが始まっています。
少し期間が早いのも、ヨーロッパではハロウィンが終わった後の11月から、クリスマスマーケットというクリスマスグッズを売る市場が開かれるからです。
グッズを買って12月24日まで飾って楽しむというヨーロッパのクリスマススタイルでお迎えし、お客様にも体験して頂きたいと思っています。

ページ:

1

2

会社概要

社名:山の手リゾート株式会社
代表名:帽子 大輔
住所:〒790-0836愛媛県松山市道後鷺谷町1-13
TEL:089-998-2115
URL:http://www.dogo-yamanote.com/ 
事業内容:ホテル業

サービス紹介

eigyou

『オールドイングランド 道後山の手ホテル』

グレードの高い複合施設とサービスを持ったホテル王国を目指し、全ての人に温かくやさくしもてなし、安心と信頼のおける関係を築き、夢と感動を提供する最高のエンターテイナーとしてゲストをお迎え致します。

《所在地》
〒790-0836 愛媛県松山市道後鷺谷町1-13
《総客室数》
70室

ホームページは、こちら

eigyou

『ご宴会』

《宴会場》
ブリティッシュグリーンを基調とした上品で安らぎあるホール。
大会議から宴会まで、3つのホールで様々なプランに対応しております。
《洋個室》
イギリスの銘陶の名前にちなんだ3つのタイプの洋個室。
英国陶器の素晴しさをお楽しみ頂けます。
《和個室》
和の空間でお箸でフレンチをお楽しみ頂けます。
日本の伝統を継承した落ち着いた雰囲気のある和個室。

婚礼や各種パーティーから結納や接待など様々なシーンに合わせてご利用下さい。

詳しくは、こちら

eigyou

『レストラン』

  • キングオブダイニング
    1000種類のワインと共に味わう極上ディナー、シェフ特製のランチもおすすめです。
  • クイーンズカフェ
    落ち着いた雰囲気のカフェで英国の香りを感じながら寛ぎのひと時をお楽しみください。
  • ハートウェルカフェ
    温もりあるウッドテラスで柔らかな光に包まれて過ごす時間。
    ゆったりとした、優雅なひとときをお楽しみください。

詳しくは、こちら

eigyou

『山の手ウェディング』

これまでも、これからも。
末永い絆を結ぶ場所

結婚という人生の節目においても、変わることのない「結びつき」大切にしています。

感謝や祝福、感動に彩られた想いを重ねる
“幸せ”のシーンに寄り添う場所として
これまでも、そしてこれからもあり続けていきます。

詳しくは、こちら

eigyou

『山の手ガーデンプレイス』

道後温泉から徒歩3分。心地よい時間を過ごせる道後の新スポット。

ガーデン散策やティータイム、ショッピングや美術品の鑑賞など楽しみ方もいろいろ。
地元のお客様にも観光のお客様にも、昼夜を問わず楽しい時間をお過ごしいただける、とっておきの空間になるはずです。

詳しくは、こちら

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る