INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

人を喜ばせるためには、自分がポジティブでいること

島のモノ喫茶 田中戸
田中 章友 代表

  • 2017/11/24
i-catch-tanakado

苦しい時こそ、超楽観主義でいる

最初にお店を始めたころの経営が苦しかった時は、どのように乗り越えられたのですか?

 力を発揮する時っていくつかあると思います。まずいって顔を真っ赤にして抜け出す人もいると思いますが、まずいっていう空気を人前で出すことがまずいと思うんです。そこは見栄でも何でもいいから、表向きは大丈夫に見せないといけないですよね。悲観しても、そこから人を喜ばせるものは、僕にはあまり出てこないですね。悲壮感に溢れているお店に、誰も行きたいと思わないですよね。

 苦しい時も、超楽観主義であることが解決してくれたのかもしれないです。何とかなると思うと、やっぱり何とかなるんですよ。世界にはもっと辛くて、大変な環境にいて命の危険にさらされている人がたくさんいる。経営とか言っている場合じゃないですよね。それを思うと僕のやっていることなんて大したことじゃないなと思います。だからへっちゃらなのかもしれないです。

最後に若い人へメッセージをお願いします。

 とにかくポジティブに。僕はアメリカにいた頃とか、よく一人で部屋にこもって友達とは何か、哲学とは何かとか色々考えている時期もありましたね。今思うとださいけど、そういう一人の時間もありだなとは思います。そういうのも経て今があるわけなので。

 でも、ある時からそういうことは考えなくなりました。基本的にネガティブに考えてろくなことはない。まわりも導かれますから。世の中に不必要なものはないと思いますが、あえて挙げるなら悲観的な考え方。いいように考えることに越したことはありません。

 とらわれないことも大事。何歳になってもこうでないといけないってことはないですからね。

 企画とかも、型にはまらずにやりたいことをやったらいい。そうしたら楽になるし、プレッシャーにもなります。

 あと、人を不必要に嫌う必要もないです。後でその人を嫌な人じゃないと分かったら、今まで嫌いだと思っていた時間がもったいないし、自分が損をします。逆に、相手を崇める必要もないですね。フラットな関係で、いい意味でなめて入ること。最初から低めに設定していれば、後は関わるうちにどんどん上がっていく一方ですからね。

インタビュアーより

board-tanakado おしゃれな雰囲気の店内で、深くて為になるお話を伺うことができました。
 私は自分に甘くなりがちなところがあるので、自分が選んだ事は全部自分の責任だという話がすごく胸にささりました。思い通りにならないと誰かのせいや、環境のせいにしたりしたくなりますが、いろんな選択肢がある中で自分が好きで決めたことなんだから、その通りだと思いました。そこで後悔するんだったら、最初から本当に自分のやりたいことを見つけるべきだなと思いました。
 田中社長の言葉も色々な経験をしたからこそ言える言葉だと思います。私も若い時から色んな経験をして、自分のやりたいことに挑戦して、後悔がないように生きていきたいです。自分の好きなように生きることは責任が伴うけど、そこに本当の楽しさがあるのだろうなと取材を通して感じました。
 また、辛い時でも、ポジティブにとらえて明るく生きることが、自分もまわりも楽しくしていくのだなと感じました。たくさんあるカフェの中で、田中戸さんにお客さんが集まるのは、そういった姿勢がお客さんに伝わっていることも理由の一つなのかなと思いました。
 田中戸さん、貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました!
高市 奈津美

ページ:
1 2 3 4 5 6

7

会社概要

社名:島のモノ喫茶 田中戸
代表名:田中 章友
住所:愛媛県松山市住吉2-8-1
TEL:090-6280-3750
事業内容:宿泊業/飲食業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

ページ上部へ戻る