INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

人を喜ばせるためには、自分がポジティブでいること

島のモノ喫茶 田中戸
田中 章友 代表

  • 2017/11/24
i-catch-tanakado

人生は1回。やりたいことをやる楽しさ

自分のお店を持ちたいという思いは、昔からあったのですか?

kijinaka-tanakado 僕は夢が叶ったというタイプではなく、特別な資格を持っておらず、飲食店はある一定のお金を払えば誰でも始められるということで始めました。
 昔はなりたいものが漠然としていて、いつの間にか夢がなくなっていましたね。作文とかで夢を書いていたけど、みんなが書いているから書いただけのもので、本気でなりたいものはなかった。同時に、こういう大人になりたくない、だからこうなりたいっていう考え方をしていました。要は、否定ばっかりして、肝心な何がしたいのかをおろそかにしていたということです。

 フリーターの頃、くだらない話ばかりしている作業現場とか、もういやだって思う現場がいくつかありました。それはそれで面白いけど、心の底から面白くない訳ですよ。でもそれはその人たちのせいではなくて、僕が選んでここ来ているんだからしょうがないですよね。
 だから、自分がやりたいようにやれることは自分のお店を持つことだと思いました。

 今は逆に、人に何か言われてやることがすごく下手だと思います。だけど、言われたことをやる人も世の中に絶対必要ですよね。そういう人がいるから会社も成り立っている。自分でやることを決めたり、決めることができてもそれをこなすのが難しいと思う人もいます。

 この資料を明日までにまとめとけよ、と言われる方が良いという人もいるけど、僕は逆に、この資料を明日までにまとめるって自分で決めてやるほうが精神的にずいぶん楽かなと思います。自分が好きで決めて辛いことの方が、誰かに言われて辛いことよりよっぽどいいと思いました。

 僕はライン作業もやったことあるけど、全然面白くなかったです。もうちょっと続けていれば違ったかもしれないけど、面白くなる前に辞めましたね。

私も自分で決めてやる方が良いと思うんですけど、やはり目標を達成できないことが多いから辛くなることが多いですね。

 でもどこかで面白さが勝ってくるんだろうね。それは、僕の場合はお客さんが反応してくれるっていう面白さですね。お客さんが来てくれて、お金が入って、家賃が払える、というモチベーションがあるからですけどね。お客さんから反応がないのに、朝3時とかから起き続けられないかもしれない。自分のやりたいことで且つ反応があるからやれている部分もあります。

 あと、「田中戸」という自分が作った造語を若い人たちが言ってくれているというのが、何だか面白さ半分怖さ半分のような感じですが、病みつきになります。

次のページ『まわりが面白くしてくれるんじゃない。自分が面白くすればいい。』

ページ:
1 2 3

4

5 6 7

会社概要

社名:島のモノ喫茶 田中戸
代表名:田中 章友
住所:愛媛県松山市住吉2-8-1
TEL:090-6280-3750
事業内容:宿泊業/飲食業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

ページ上部へ戻る