INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「諦めずに、がむしゃらに頑張ってほしい」

株式会社 高田引越センター
高田 政信 代表取締役

  • 2015/7/14
i-cath-takadahikkoshi

家族が支えてくれたから、頑張ることができた。

経営者になるまでの経緯を教えてください。

 昔はいい車や、かっこいいバイクに乗りたいという憧れがあり、高校時代の夏休みと春休みの間に自社でアルバイトをし、お金を貯めていました。高校卒業後は今の会社とは別の会社に就職をしました。

 父親が創業者なのですが、小さいローカルの企業は子供が継ぐのが当たり前の時代だったので、父親が亡くなったのをきっかけに、家業を手伝うことになりました。

下積み時代の経験が経営に生かされていることがありますか?

 末端の現場作業から、営業の見積もり、クレーム処理、運行管理など全て経験しましたので、若いスタッフが困まった時、現場で分からないことがあれば、私自身が対応できますね。だから、新人社員にとっても聞きやすいと思います。

 なにを聞かれてもアドバイスができます。創業者である父親が早く亡くなったというのもあり、人よりも早くいろいろなことを覚えることができた感覚があります。

人生のターニングポイントは?

 昔から経営者になるという考えはさらさらなかったですし、20代前半の頃の私には、「経営なんてやれるかな・・・」という気持ちがありました。すでに出来上がって、たくさんの従業員がいる中にパっと入ったこともあり、少し不安でした。

 しかし、自身に子供ができたため、本腰を入れてやらざるをえなくなりました。「家族が支えてくれた」とテレビでよく聞きますが、これは私もその通りだなと思います。甘えている場合ではなく、本気でしないといけないと当時決意したのを覚えています。

仕事をする上で大切にされていることは?

 現場のスタッフ、営業のスタッフ、事務所のスタッフを含めて、お客様が望まれていることをやるのは当たり前なので、それ以上に「高田で頼んで良かったね」と思われるところまで、もう1つ+αのサービスをすることを心がけています。作業が終わって、「他にすることないでしょうか」という言葉をつけるだけでも、「高田に頼んで良かったね」と思ってくださります。

 お客様の要望に沿った仕事をするのは当然ですが、引っ越し業者なので約4~5時間お客様と一緒にいる時間を共有しますので、その時間内でいかに喜んでもらうかというためには、コミュニケーションが大事になります。

 例えば、男性スタッフには要望を伝えにくいけど、女性スタッフだと伝えやすい、ということが多々あります。女性がくるとホッとして場が和む、そういった効果もあるので、女性スタッフも現場に行かせることもあります。

次のページ『従業員にはVIPサービス~CM誕生の秘話〜』

ページ:

1

2 3

会社概要

社名:株式会社 高田引越センター
代表名:高田 政信
住所:愛媛県東温市西岡229-1
TEL:089-964-5656
事業内容:・引越業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る