INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「よく学びよく遊べ」

佐川印刷株式会社
佐川 正純 代表取締役

  • 2017/3/9
i-catch-sakawa

父親の会社を継ぐ決意

経営者になったきっかけを教えてください。

 私は父親が事業をしている家庭に生まれましたが、父親から会社を継げと命令されたことはありませんでした。

 だから、私は大学生の時から都会に出て佐川印刷とは関係のない会社でお勤めするなどし、自分自身で色々な進路を決めてきました。
 自分の進む道というものは自分で開いてきました。

 それでは何故、今、佐川印刷の経営者になったのかというと2つの理由があります。

 1つめは、地元で家族を育てたかったからです。
 私は都会で家族ができたときに、都会ではなく地元で家族を育てたいと思いました。家族を育てるのは都会よりも地元の方が良いという考えがあったからです。
 またそれと同時に、地元に戻るのなら都会でしていた仕事を辞めて、佐川印刷株式会社を継ごうと思いました。

 2つめは私の得意分野を佐川印刷で活かせられると思ったからです。
 私は20代の頃、コンピュータのプログラムを作るような勉強をしていました。
 当時はコンピュータがビジネスにも普及し始めたばかりの時代で、30年も前のことなのですが、私はその時点で印刷業界が電子化によりだんだん変化していくということがわかっていました。
 そのため、佐川印刷で働くことで、私が勉強したことを活かせるのではないか、私の得意分野を活かせるのではないかと思ったのです。

 これら、2つの理由により佐川印刷の経営者になろうと思いました。

お父様の仕事を継ぐこと、3代目の社長になることにとまどいや不安はありましたか。

 ○代目ということを気にしないといけない会社もあるのですが、私の会社には「代々初代」という社訓があるため、○代目ということはあまり気にしません。

 ○代目という意識を持たなければいけない会社の例として、お饅頭屋さんがあります。
お饅頭屋さんは一家総出でお饅頭を作って、昔からの味を変えないように、守り続けることが大事なことですよね。

 しかし、私の会社はお饅頭屋さんとは違い、世の中の流れに合わせて、変化していかなければならない会社です。

 時代対応をしなければならない会社。だから、私は○代目という意識ではなく、「代々初代」の意識で仕事をするため、プレッシャーは感じませんでした。

 むしろ、これから自分が何をやろうか?どのような事業を目指していこうか?というワクワク感の方がありました。

次のページ『コミュニケーションの方法を考える』

ページ:

1

2 3

会社概要

社名:佐川印刷株式会社
代表名:佐川 正純
住所:愛媛県松山市問屋町6-21
TEL:089-925-7472
事業内容:広告/メディア

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る