INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

夢を持つだけではなく、実現のためにしっかりと行動をしなさい

「行動力を身に付けよう」

Only One ツナグ糸整体院
村上 光慶 代表

  • 2015/6/12
i-cath-onlyone

『医院の将来
~お客様にとってのオンリーワンになりたい~』

今は開院したばかりですが、これからこの整体院をどのようにしていきたいと考えていらっしゃるのでしょうか

 今のところ、子育ての経験豊富な女性の方にお手伝いして頂いているので、女性にそばにいてもらいたい、子供を連れて来たいといったご要望がある方に対しては、予め日時を調整するという形にしています。やはり最初は抵抗感のある女性が多いですが、出来るだけ多くの方に来て頂き、悩みを解決したいので、少しでも来院しやすくなるように色々と試行錯誤している最中です。
また、確かに周りから人を増やしたらどうかと言われたりもするのですが、規模を大きくすることはないと思います。というのも、私が目指しているところは地域ナンバーワンよりもお客様にとってのオンリーワンになることであり、私を頼ってくれる方に対して妥協したくはないのです。もちろん、私と同じような想い・情熱を持って取り組みたい方が現れれば、私が教えられることはしっかり教えさせて頂きますよ。

整体院以外のところでも女性の悩み解決について取り組みたいことがあればお教えください

 私が今考えているのは、産婦人科の先生方と連携しながら少しでも多くの女性の方をサポートすることです。現在、6組に1組のカップルが不妊で悩まれているという現状もありますが、不妊治療は保険適用外なので、助成金制度を使っても平均140万円くらいは費用がかかってしまいます。そこで不妊治療を諦める方もすごくいらっしゃるのですが、体質改善させるというのが当院のコンセプトでもあるので、医院と連携が出来れば、まずはこちらでしっかり身体を整えてから検査や不妊治療を受けることが出来るでしょう。その方が効果は格段に上がるし、 妊娠されている方でも切迫早産や逆子とかのリスクも減りますので、もっと女性の方が生き生き輝ける社会になるだろうとすごく考えています。

村上代表ご自身としてはどのような経営者に成長して行きたいのでしょうか

 現状、四国内でも不妊の方や婦人科で悩まれている方の数は増えているのですが、そのような方に向けた整体院や治療院が少なく、根本的な悩みの解消に繋がりにくいので、当院のような整体院が四国でももっと増えて欲しいと思います。そのためにはまずは認知度と信用を上げなければいけませんので、整体院として女性の心身を整えることでどれだけ変わるのか、ウェブサイトやブログ、Facebook等色々な所で情報発信をしていきながら、お客様の声や施術の実績を積み上げていきたいです。

 また、ネット上での情報発信だけではなく、一般の方に対して講習会やイベントを開いたり、マスコミで取り上げて頂くことでもイメージアップの助けになると思いますので、そのためにも1人1人の患者さんのお悩みを解決していきます。

最後に若者へのメッセージをお願い致します

 人それぞれ何かしら理想や夢があると思いますが、夢を持つだけではなく、実現のためにしっかりと行動をしないと何も生まれません。自分のしたいことがあれば、何もしないままに後悔するのではなく、一度挑戦してみるという行動力を身に付けて下さい。行動によって得た経験は自分を裏切らないので、沢山のことを経験してもらって、これからの将来に役立てて欲しいです。

 何か行動したいと思った時に、すぐ周りに相談をして「駄目だよ」などと答えられた時に、やっぱりと思ってそこで諦める方がいますが、そういう方は無意識のうちに自分自身を否定してブレーキをかけてしまっているのだと思います。否定ではなく、自分で自分の力を認めることで、行動範囲や考える領域はすごく広がっていくと思いますし、もっと色々なことに活かせるのではないかと思います。確かに自分だけの考えにも限界はありますし、色々な情報を得られたり、自分一人では気付かなかったことまで得ることが出来るので、周りの意見を聞くことは大切です。しかしそれは何も考えないまま周りに左右されるのではなく、まず自分の芯となる考えをしっかり持った上で、更に何か良いアイデアを周りに聞いて行動する姿勢でなければいけません。何事も、まずは自分で考えて自分を知ることが大事です。

インタビュアーより

bord-onlyone

村上代表の整体院は、中に小さな子供が遊べるおもちゃなども置いてあったりして、女性が訪れやすくなるような環境作りをしていることが感じられました。

男性でありながら女性の悩みを聞いて共に解決に取り組むのは、とても難しいことだと思いますが、それだけに相手に自分の信念を伝える方法や女性が悩みを打ち明けてくれる接し方について、村上代表が常に試行錯誤をして改善に取り組んでいることがインタビューを通して伝わってきました。

メッセージにもあった行動力と、自分の芯を強く持つことを、私も見習いたいと思います。

村上代表、本当に有難うございました。
大河原 慧

ページ:
1 2 3

4

会社概要

社名:Only One ツナグ糸整体院
代表名:村上 光慶
住所:愛媛県松山市安城寺町1566-8 メゾンド安城寺1 202号
TEL:089-995-8262
URL:http://tunagu-it-seitai.sakura.ne.jp
事業内容:・整体 ・産後ケア ・セラピー

サービス紹介

eigyou

『Only One ツナグ糸整体院』

女性の悩み解決に特化した「OnlyOne ツナグ糸整体院」。
肩・首のコリ、腰痛、頭痛などの症状から、不妊や生理痛・産後ケアなどの婦人科・産科系の問題まで、「こころ」と「からだ」に溜まる多様な不調を取り除き、全ての悩める女性をサポート致します。ぜひ足をお運び、お気軽にお問い合わせ下さい。

住所:愛媛県松山市安城寺町1566-8 メゾンド安城寺1 202号室
電話:089-995-8262
※施術中は電話に出られませんので、5回以上のコールで留守番電話につながります。
お手数ですが、留守番電話にお名前とメッセージをお願いいたします。必ず折り返しいたします。

HP:http://tunagu-it-seitai.sakura.ne.jp
メール:tunagu-ito.seitai.270401@outlook.jp

eigyou

『院長紹介』

理学療法士として7年間、病院やクリニックで様々な患者さんのリハビリテーションに携わり、知識・経験を蓄積。その中で、婦人科系・産科系の悩みを抱える女性が多いのに、サポートの体制が整っていないことに気づく。「悩める女性の駆け込み寺」のような女性が安心・信頼できる整体院を作りたいと強く思い、今年の4月に「OnlyOne ツナグ糸整体院」を開業。

所有資格
・理学療法士(国家資格)
・上級睡眠健康指導士
・心理カウンセラー
・エネルギーバランス整体師

所属団体
・NPO法人 日本妊産婦整体協会 四国ブロック理事

▼詳細はこちら

eigyou

『体質改善整体』

◆全身整体メニュー
当院の「ベース」となる施術メニューです。全身を総合的に診て、心と体の健康に関する多様な問題を取り除きます。それによって、「繊細」に、かつ「大きく」体を変えることができます。

◆部分整体メニュー
多忙の方、短時間の施術を希望される方、継続して通院しながらメンテナンスとしてご利用される方を対象として、気になる部位を選択的に施術することもできます。

全身整体・部分整体のどちらも、患者様の心と体の状態や変化を確認し、生活習慣等のカウンセリングを行い、その後しっかりご説明させて頂きます。

全身整体の詳細はこちら
部分整体の詳細はこちら

eigyou

『不妊サポート整体』

当院の「ベース」となる「体質改善・全身ケア整体」にプラスして、妊娠することに必要な「健康な母体を準備し、ストレスなく妊活ができる」よう、あなたのペースに合わせながら確実にサポートさせて頂くメニューとなっています。健康で元気な赤ちゃんを産める「妊娠しやすい健康な母体」作りのために、最善の治療を独自で組み立てていきます。

詳細はこちら

eigyou

『マタニティ・産後ケア整体』

当院の「体質改善・全身ケア整体メニュー」をベースに、「健康な母体」を作りストレスを極力少なく、安心して出産が出来る」よう妊娠中に起こる各種トラブルを取り除いていきます。
また、出産後は子どもの成長を楽しく、育児ができるようためには、「お母さんの元気、健康」が大切になってきます。
赤ちゃんや子どもは、お母さんの心と体の状態に強く影響されます。
妊娠中も産後もやはり、一番は「お母さんの健康」なのです。

詳細はこちら

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る