INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「信念をもって 真心で生きる」

Na Ohana
三木 亜弓 代表

  • 2014/7/1
i-cath-na-ohana

岩本
本日はよろしくお願いいたします。
まず初めに、ご自分の店舗を持たれるまでの経緯を教えていただけますか?

三木
う~ん、
持ちたいと思ったわけではなく、なりゆきに任せ、流れでお店を持っていました(笑)

岩本
なりゆきですか。
なにかきっかけはあったのですか?

三木
最初、友達のマンションで「エステをしてほしい」と言われてしたのがスタートです。
そして、その友達が私のことをある整体師の方に知らせてくれて、
その整体師の方が「一緒にお店やってみない?」とお誘いをしてくれたので、
一緒にお店を始めました。

その後、そこより大きい店舗に移りましたが、そこでケンカをしちゃって(笑)
そのお店も辞めちゃって、一人になってしまいました。

「さあ、一人でなにをしよう」と思い、やりたいことをしていたら現在に至るというわけです。

岩本
初めからここにお店を構えたのではなく、様々な経緯があるのですね。
お店を構えるまでに準備したことはありますか?

三木
準備ね・・・
というより、自分が店舗だと思っています!
店舗を持っているとは思っていません。
自分自身が店舗です!

岩本
自分自身が店舗、ですか・・・
というのは?

三木
nakakiji-miki
自分の体一つあれば、できます!
極端に言えば、明日沖縄に行っても、やろうと思えばできるでしょう?
とにかく、困ったことがあれば周りの人が助けてくれますから!
このお店をここに構えるまで、仕事が無かった時も、たくさん周りの方が助けてくださいました。
日々真面目に、誠実に、真心を持って接していれば、なんとかなります。
もちろん努力はしますけどね。
変な下心を持っていれば、それはいつか自分に返ってくると思っています。

岩本
そうですね。
おっしゃる通りだと思います。
けれど、そうやって周りの方が助けてくれるのは、きっと三木さん自身の人柄の良さからなのでしょうね。

三木
ふふふ、そうかもしれないですね。(笑顔)

岩本
ところで、美容に関するスキルをたくさんお持ちですが、なぜこんなにも幅広く身につけられたのですか?

三木
手に職をつけようと考えていたからです。
これはおばあちゃんの教えですが、

「目に見えるものは人に盗られる。目に見えないものは人に盗られない」と。

だから最初はお料理が好きだから、お料理の道に行こうかと思っていました。
けれど、小さいころからお人形のヘアメイクをするのが好きで、美容師の道に進みました。

岩本
そうですね!
目に見えないものは盗られませんね!
素晴らしいことを教えてくれる素敵な、おばあちゃんですね。
その後どうされましたか?

三木
美容師をしていたころ、それよりも着付けやメイクのほうが楽しくなりました。
それから、メイクをするには土台であるお肌が重要だから、皮膚を勉強しよう!と思いました。
その次に、皮膚の下の筋肉について勉強しよう、その次に血液やリンパを勉強しようと。
そうなると、整体にも興味が出てきて、ロミロミにたどりつきました。

岩本
なるほど、これも流れなのですかね?(笑)
ですが、ここまで幅広く興味を持たれたのは、なぜですか?

三木
好奇心ですね!
好きなことしかしていませんから(笑)

岩本
好奇心で、こんなにたくさん、こなしてこられたのですね!

三木
そうですね(笑)
人には与えられるものがあると思います。
日々感謝して、真心を持って、毎日まじめに過ごしていれば、与えられますよ。
流れがあるし、波があると私は思います。

岩本
流れや、波ですか・・・
それが低い時はどうされていますか?

三木
そういう時は、楽しみます。
そういう時こそ、無理せず楽にいようと思います。

岩本
楽しむのですか!?
仕事が嫌になったりしませんでしたか?

三木
ならないですね。
仕事が大好きですから。
嫌と思ったことはないし、嫌なことはしません。
楽しいし、お客様が来てくれるから。

でも、この先、どうして行こうかとか、この先ずっと続けようとかも考えていないの。
こだわってないんです。

岩本
へぇ~、意外ですね。
そんな「好き」を仕事にしている三木さんが、接客をするうえで心がけていることはありますか?

三木
その人の立場になることです。
何を求めているかを知ることですね。
観察し、見て、聴いて、感じる。
どこかが悪いと必ず身体からサインが出ています。
肌や髪質にも表れますよ。

岩本
そうなのですか!?
それだけたくさん、知識と経験を積み重ねたからこそ、サインに気づくことができるのですね。
ぜひ、私も見てもらいたいです(笑)

では、人を癒す、コンディションを良くするという仕事をする以上、ご自分のコンディションがよくないといけないですよね。
そのモチベーションを維持する方法は何かありますか?

三木
悪いことはしない。
こだわらない。
好きな時に、好きなことをする。
自分の精神が健康だから、自由気ままでいられるの。
自分の精神が健康になるためには、まずは許す。
それができなかったら、忘れるようにする。

心の健康=体の健康だから。

あとは、自分と対話して、耳を傾ける。
自分次第で、楽にもなるし、しんどくもなります。
自分が自分を大事にする。無理をさせない。

岩本
当たり前のことですけど、これがなかなか難しいですよね。
自分の体と心に素直になることが一番ということですね。
では、この記事を見ている学生にメッセージをお願いします。

三木
不安がることはない。
未来も過去も考えなくていい。
良いように考えればいいけどね(笑)

将来に不安感を抱くことはない。
今したいことをすぐするといいよ。
明日しようと思ってできないなら、しなくていい。
たま~に、将来のことを考えればいいと思う。
今、ナビはどこに向かっているか?という確認、
またはナビを変えるというのも全然アリです!

そして、親に感謝をしてください。

岩本
とても考えさせられるお言葉ですね。
それでは、最後に記事の読者に一言お願いします。

三木
心が疲れると、身体も疲れます。
身体が疲れると、心も疲れます。
内臓の疲れは、身体に。
身体の疲れは、内臓に現れます。
ナ・オハナでは、美容と健康をトータルサポートいたします。

岩本
以上でインタビューを終了します。
貴重なお時間とお話をしていただいて、ありがとうございました。

インタビュアーより

bord-miki

太陽が照りつける中、自転車に乗って住宅街へ。

お店を見つけ、恐る恐るドアを開けると、キラキラした笑顔の女性がいました!
太陽以上にまぶしく、インタビュー中は常に笑顔で、三木代表の人柄がうかがえました。
一つの分野で、これほど多くのスキルを身につけた方にお会いするのは初めてでしたが、その姿は前向きで好奇心に満ちていました。
経営者としてではなく、人として大事なことも教えていただき、また三木代表自身の仕事のやり方なども教えていただき、短い時間に濃いお話をぎゅっと凝縮させていただきました。
お仕事の都合上、滞在時間は1時間ほどで、長くお話できなかったのが本当に残念でした。

しかし、太陽のような三木代表のエネルギーと、清らかな心のおかげで、清々しくお店を後にすることができました。
三木さん、本当にありがとうございました。
岩本真依

next

次回インタビューは、Jewelry nail TAKAKO 泉 貴子 代表にお伺いいたします。

会社概要

社名:Na Ohana (ナ・オハナ)
代表名:三木 亜弓
住所:愛媛県松山市東石井3丁目4-20
TEL:089-993-6585
URL:http://naohana.net/index.html
事業内容:・エステ ・整体 ・ヘアカット ・メイク ・ブライダルエステ ・着付け

サービス紹介

eigyou

ヘアー
身体に優しいナ・オハナのパーマ・カラーは、髪や頭皮を健康的に甦えらせます。

頭皮からお水を浸透させるデトックス効果の高い頭皮洗浄もいたします。

お肌や髪だけでなく、身体の不調やお悩みのカウンセリングもいたします。
ホームページはコチラ

eigyou

ブライダルエステ
お一人おひとりに合わせたブライダルエステをいたします。

ブライダルヘアメイクや着付けの出張いたします。
ホームページはコチラ

eigyou

ロミロミ
心と身体そして魂を癒すと言われるロミロミで日常の疲れをリセットしてください。

上質なアロマと特別なローションを配合した独自のマッサージオイルで お肌が活き活きと潤い、コリもほぐれて内臓機能も高まります。
ホームページはコチラ

eigyou

耳つぼ
ナ・オハナで施術をされた方には耳つぼを無料でサービスいたします。
(医療用シール)

耳つぼのみの施術も行っております。
(医療用シール100円、ストーン200円、スワロフスキー500円。症状によりますが大体片耳5粒ほどです。)
ホームページはコチラ

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る