INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

ぶれない

mees.
斉田 耕一 代表

  • 2016/12/22
i-catch-mees

0からのスタート~考えるより足を動かせ~

斉田代表が独立するまでの生い立ちを教えてください。

 私は、中学の時から雑貨がとても好きで、将来雑貨に関わる仕事がしたいと思っていました。そのため、東京のデザインの学校に通いました。
 デザインの学校を卒業してから、有名なアパレルのお店で働いていましたが、洋服がメインなため雑貨に携われることは少なく、もう少し雑貨に関する仕事がしたいと感じていました。
 数年して、アパレルのお店よりも雑貨に多く関われるインテリアと雑貨のお店に転職しました。そこで、お店で販売する商品の買い付けや仕入れを行うバイヤーの仕事を12年間していました。

 しかし、お店で販売する商品の買い付けや仕入れは、お店の方針で商品を探さないといけません。私は、自分が魅力を感じる雑貨商品の買い付けや仕入れを我慢して、お店の方針で商品を探さないといけないことに疑問を感じていました。
 そこで、自分が魅力を感じる雑貨を扱うためには、独立してお店を出すしかないと思い、独立することを決めました。

斉田代表が松山にお店を出されたきっかけは何だったのでしょうか?

 最初は、東京出身なので都内にお店を出そうかと思っていました。

 しかし、その時私には、結婚前提でお付き合いをしている人がいて、その方の実家が松山だったのです。結婚前の挨拶をするために、初めて来松しました。そこで、松山の街を見たときに「綺麗でいい街だな。」と松山に魅力をとても感じました。
 私の中に、「東京で独立するのではなく、松山で独立するのはどうか。」という思いがふつふつと湧いてきて、妻も地元に帰ってくるのもいいのではないかと言ってくれて松山に来たのがきっかけです。

独立して0から始めてどのような事がありましたか?

 東京生まれなので、松山に縁もゆかりもありませんし、友達も知り合いも一人もいない状態でした。
 そのため、まずは、近くの人に頭を下げました。隣の大家さんに「東京から来て、何も分からないから1から教えてください。」と頭下げました。そうすると、こういうことをしたほうがいいなどいろんなことをとても親切に教えてくださりました。

 自分が分からないことは考えるより動くという感じで、足を動かして、市役所を直接訪ねたり、たくさんの人に話を聞いて、ひとりひとり「すいません。」と、頭を下げて人脈を増やしていきました。
 会社に属していた私が、0から構築したので大変でしたが、そこから学べたことは沢山あります。人間的にも大きく成長出来たと思います。

次のページ『“ぶれない“ように考え続ける日々~そこで生まれるmees.(ミース)の色~』

ページ:

1

2 3

会社概要

社名:mees.
代表名:斉田 耕一
住所:愛媛県松山市湊町4-10-12 2F
TEL:089-945-1677
事業内容:・小売業/卸売業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る