INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「思考は現実化する」

マツモ不動産
松本 洋幸 代表

  • 2015/12/24
i-cath-matsumo

不動産に夢中

不動産に夢中ということですが、特にやりがいに感じることは何でしょうか?

nakakiji-matsumo 私はどちらかというと住宅ではなく法人様に向けた物件をご案内しているのですが、顧客の法人様が利益を出すことのお手伝いをさせて頂いた時ですね。
 購入された物件がすごく良かったら、法人様から非常に感謝されますし、逆に、法人様が希望される金額よりも少しでも高い値段で物件をお売り出来たらすごく喜んで下さいます。
 空室の多い賃貸物件をお客様が購入されて、リフォームをしたことで、入居者が増えて賑やかになると、この街に貢献できたなと感じます。

ブログなどでも「不動産屋が頑張れば地域活性化に繋がる」とおっしゃっていましたね。松本代表は、地域活性化に対してどのように貢献したいのでしょうか?

 主に法人様に向けた物件を取り扱っていると言いましたが、住宅用の不動産も扱っています。不動産を購入された方が仕事から帰って安らげる家だったら、 次の日の仕事もすごく頑張れるはずです。私は住んでいる方に、「明日の仕事も頑張ろう」とか「子供の成長が楽しみだ」と思ってもらえるような、安息の地というか、やる気の源として住宅を提供したいと考えています。

 それから、今の松山は国道沿いや街の中心地に住宅用マンションが多く建っていますが、そこにマンションではなく商業施設が建って、人が集まる方が街の発展にはいいのではないかと思います。国道沿いなど人目に付くところに店舗があり、一歩入ったところに住宅地があるという風に、都市の機能を上手く配置して、綺麗な住みやすい街を作っていきたいと考えています。街を作るというと大げさな気もしますが(笑)

なるほど。そのような街を作っていく上で、具体的な目標はございますか?

 私は、この松山という街がとても好きですが、まだまだ会社が小さいので、いきなり松山全体を良くしますとは言えません。もう少しミクロな視点で、松山市の城北部を活性化させていきたいです。

 松山市は南側の松山ICやはなみずき通り周辺で不動産取引が盛んですが、城北出身者で城北在住者としては、特に城北部に思い入れがありますので。目標としては、平成30年までに、松山の城北部で不動産屋さんを頼む時には「マツモにしよう」と言われるようになりたいですし、エミフル松前の建設のように大きな開発計画がある時には、アドバイスを求められる不動産屋さんになりたいと思います。

そのためには、城北地域の方とも繋がって、信頼されるようにならないといけないと思います。地域の方とのコミュニケーションはどのようにされているのでしょうか?

 新しい入居者様が決まった時に、不動産業者が事前に近所に挨拶をしておけば、スムーズに受け入れられると思いますが、そこまでする不動産屋さんって少ないと思います。私の場合は、必ず前もって「何日にこういう方が引っ越されます」と町内会長に連絡をします。すると町内に周知してくれるので、地域住民と入居者様が打ち解けやすくなるでしょうし、それが当社の信頼にも繋がると思います。

 また、コミュニケーションということでは、空き家問題にも関わってくると思います。例えば、空き家のことを隣人に聞いてみようと思っても、所有者がどこにいるか知らないという返事が多く、コミュニケーションの乏しさに戸惑うことがあります。

 しかし地域の中でコミュニケーションが取れていたら、もし空き家のせいで住環境が悪くなったとしても、町内会あたりから空き家の所有者に連絡を取って、何らかの対策を取れるはずです。私は堀江地区に住んでいますが、空き家があったら近所の人が草を刈ったりとか、普段から住民同士の繋がりで環境が保たれています。それが本来あるべき姿だと思います。

松本代表の将来の夢は何でしょうか?

 最終的には松山市の人口が100万人に増えると楽しいのかなと考えてます。100万都市になったら松山の経済も発展するし空き家も減って面白いことになると思いますから。

 東京や大阪など、大都市での生活に疲れている人も多いでしょうから、そういう方々に対して、移住で癒される街としてアピールするのもいいのではないでしょうか。ただ、人口が増えすぎるといろいろ問題も出てくるので、松山のこの「ほどよく都会でほどよく田舎」を大切にはしていきたいです

 そういう意味では、松山に1万人の移住・定住を目指す「松山移住計画」はすごいと思います。

次のページ『ターニングポイント』

ページ:
1

2

3 4

会社概要

社名:マツモ不動産
代表名:松本 洋幸
住所:愛媛県松山市木屋町2丁目8番2号1F
TEL:089-904-8907
URL:http://matsumo-f.com
事業内容:・不動産売買仲介 ・賃貸経営再生 ・リフォーム ・リノベーション ・土地活用コンサル

サービス紹介

eigyou

『マツモ不動産の紹介』

社長の笑顔がとっても明るい不動産屋さんです。

不動産売買の仲介、賃貸経営再生、リフォームまで、幅広く対応致します。

所在地:〒790-0821 愛媛県松山市木屋町2丁目8-2
TEL:089-904-8907
FAX:089-904-7178
E-mail:matsumoto@matsumo-f.com

▼会社HPはこちらhttp://www.matsumo-f.com/
▼会社ブログはこちらhttp://ameblo.jp/matsumo-f/

eigyou

『リフォーム実績』

弊社では収益物件の経営改善を行っております。

本案件は、入居率50%(8部屋中4部屋空室)の物件をご購入頂き、リノベーションを行い、完成後1ヶ月で満室となりました。
収益物件の購入をお考えの方、またリノベーションをどのようにすればよいか分からない方、ぜひお声掛け下さい。

賃貸物件の満室経営お任せ下さい!

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学
坪北 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
兼頭 里奈

『この記事を書いた人』

愛媛大学
高市 奈津美

『この記事を書いた人』

愛媛大学
松本 優香

ページ上部へ戻る