INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「逃げずに、やりきれ」

ルシオル株式会社
武田 知大 代表取締役

  • 2015/10/27
i-cath-luciole

愛媛県松山市で、起業エコシステムを生み出すべく事業をされている「ルシオル株式会社」の武田代表に取材をしてきました。大学在学中に起業するまでの経緯や事業に対する思いなどを伺いました。

経営者プロフィール

愛媛県松山市出身。高校を卒業後、愛媛大学法文学部に入学。様々なイベントや事業を行う。2年次生の時にトーマツベンチャーサポート株式会社の方とベンチャーイベントを行い、それを機に大学を休学し東京へ上京。一年間トーマツベンチャーサポート株式会社でのインターンを終え愛媛に戻り、起業する。

できるかできないかで考えるんじゃなくて、やりたいと思うかどうかだ

武田代表はやりたいことを事業としてされている、とのことですが、やりたいことを見つけるためにはどういった行動をすればよいと思いますか。

 自分のしたいことを本気でやっている人を全力でフォローをすること。何をやればよいかわからない場合は、それが人生ミッションを見つけるために最良な選択だと思います。

 自分で何かを始めることはハードルが高いし、難しいし、一人で実行するのはとても大変だと思います。だったら、本気でやっている人たちのビジョンに共感して、その人のフォローを本気でしながら「自分のやりたいことは何か」と考える。

 そうすれば、自分のやりたいことがみつかってくると思います。やりたいことを決めたら、必ずやりきって下さい。

途中で放棄せず、やりきることは大切なことなのですね。

 そうです。やると決めたら、やりきる。やりきる上で逃げない。どんなことがあっても、失敗しても逃げないこと。失敗しない以前にやりきる。

 考える力、人に伝えられる力、すなわち地頭があるかどうかがやりきる上で大切になってきます。地頭がないと物事を論理的に考え、突き詰められないですからね。

 「地頭がある・逃げない・やりきる」この3つが重要なことだと僕は思います。地頭が無くても「やりきる、逃げない」という意思を持つことは非常に簡単です。考える力は考える癖をつけると自然と身に付いてきますよ。

 逃げないでやりきることは会社に属すれば、働くということだと思います。生きるために働くのではありません。自分の人生ミッションと照らし合わせて、会社にどのような価値を提供していけるのかを考える。

 これをやるという強い意志を持って仕事に臨めば、ぶれない軸を見つけることができると思います。

武田代表の「軸」は何でしょうか。

nakakiji-luciole 雇用を生み出すこと、起業エコシステムを出すことですね。僕の場合、愛媛に貢献したい気持ちが強くあります。
 愛媛に貢献するためには何をすべきかと考えたときに、会社をつくり出す仕組みをつくって雇用を生み出すという方法があることに気づきました。
 詳しく調べてみると先行事例も数多くあり、ベンチャー企業を生んでいくような起業エコシステム(生態系)をつくることは可能だろうと思いましたね。

 中でも僕はベンチャー企業に投資する投資ファンドをやりたい、そのために必要なことをすることが僕の人生ミッションであり、軸になっています。

次のページ『良き上司との出会いが、起業の原体験を見つけるきっかけになった。』

ページ:

1

2 3

会社概要

社名:ルシオル株式会社
代表名:武田 知大
住所:愛媛県松山市居相3丁目15-8
TEL:089-906-8100
事業内容:愛媛県の起業家・起業志望家・支援家の網羅的ネットワーク エスクラウド 運営
子ども・小中学生向けITものづくり教室 テックプログレス 展開・運営

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る