INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「仕事は人生の3分の1を占めている」

株式会社FESREC
三谷 洋右 代表取締役

  • 2015/6/4
i-cath-fesrec

若者へのメッセージ

業務上において何か意識している事、大事にしている事ってありますか?

 そうですね。僕はどんどんトライする事を大事にしています。僕のお店は薬局なのに、いりこやコーヒーを置いたりしています。色々なきっかけで置く事になったのですが、こういうのが意外とお客様との話題作りに役立ったりしています(笑)

 それに今置いてるいりこは売り上げが良かったりしているんです。でも中には売れなかった物もありました。売れなかったら売れなかったでいいんです。こうやって何事もやってみようと心掛けています。そうする事で意外とお客様との話題作りに役立ったり、いりこの売上が良かったりという結果もでたりします。

 また、それ以外にもニーズに応えるという事も意識しています。例えば、薬剤師ってよく処方箋等をお客様にお渡しする時に、この薬はこんな副作用がある~と全部説明しています。○○しないといけない××を説明しないといけないってスタイルが多いんですが、僕は更に深くお話を掘り下げて聞いています。最低限の説明だけではなく、もっと他にも話すべき事があるんじゃないかと思います。お客様、患者様一人一人ニーズも生活スタイル・環境も違うので、その方のライフスタイルに合わせ、こういった症状にはこんな対処があるとか、この場合は、もう一度病院へ行った方がいいなんてアドバイスができたりします。。そうする事で本当にお客様に対してのニーズに応えられているんだと考えています。僕はこっちの方が重要なんじゃないかなって思います。

若者へのメッセージをお願いします

 ノリを大事にしてください!そして仕事は自分の人生にとって3分の1を占める大事な部分です。だからこそ、ないがしろにするんじゃなくて楽しめる仕事を選んでしてほしいです。そして自分の今身近にいる人達を幸せにできる仕事をしてくださいね。

三谷代表ありがとうございました。

インタビュアーより

bord-fesrec

初めてお会いした時からずっと気さくに取材の質問に対して答えてくださった三谷代表。取材中ノリで起業したよ!や、これも全部ノリノリ(笑)なんて冗談も交えつつ、語って頂く時は真剣に、そして真っ直ぐな眼差し、熱い想いを感じ取りました。そして一番驚きだったのが、もし何か身体に異常があれば薬剤師に相談です。今まで自分の中では何かあれば病院に行くだったので薬剤師に相談する事、国外での薬剤師の立ち位置等とても興味深く、驚きの連続のお話を聞く事ができました。もし、今後何か異変を感じたら薬剤師の方に相談してみます。また、仕事は人生の3分の1を占めている話をお聞きし、今まで自分の中ではそんな意識はしてなかったので新しい発見でした。人生の3分の1って結構な割合です。そんな大事な事を気づく事ができ良かったです。将来まずは就職し、自分の経験をしっかりとつみたいと考えていましたが、自分がこの仕事をできて幸せなのかどうかという自分の人生に対しても考えて職を選んでいきたいと思います。三谷代表ありがとうございました。
また、まるで家にいるかのような居心地だった喫茶店一舞さん、おかげで素敵な取材をする事ができました。ありがとうございました。
高橋 航貴

ページ:
1 2

3

会社概要

社名:株式会社FESREC
代表名:三谷 洋右
住所:松山市姫原3-7-46-1009
TEL:089-904-1167
事業内容: ・薬局 ・薬剤師

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る