INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

愛媛県松山市で、広告業を営む『愛媛サポート』山本 耕造 代表に大学生がインタビュー!!

『松山を広告で元気にしたい!』 大きな夢を描き、走る続ける愛媛サポート山本代表。その原動力と今後の展望とは...

「努力は 裏切らない」

愛媛サポート
山本 耕造 代表

  • 2014/5/29
i-cath-ehime-support

経営者になる覚悟、そして自信を生むために大事な事とは…

杉脇
経営者になろうと考えた「きっかけ」は、どういったものでしたか。

山本
一言で言うと、前の会社の代表との方向性の違いがきっかけですかね。
前の会社はパートナーと共に立ち上げた会社で、そのパートナーが代表をやっておりました。

杉脇
なるほど。
そこから独立された形になるのですね。

山本
そうです。

もともと私は「誰かを支える二番手に向いている」と、ずっと思っていたものですから。
以前の会社も、パートナーが「会社を立ち上げたい」と言っていたのを聞き、それを支える形で立ち上げたのが経緯ですね。

杉脇
そうなのですか、今では考えられないですね…(笑)
今までずっと支える立場だったというご自身が、経営者になる為に必要だった準備や覚悟などあればお教え下さい。

山本
とにかく、以前の会社の時からあった信頼関係です。
周りからの信頼が多くあったからこそ起業することが出来ましたし、信頼関係を維持し続けることが自分の自信に繋がったと思っています。

杉脇
信頼ですか。
確かに非常に大事ですね。
自分は二番手向きだったと初めにおっしゃっていましたが、実際に経営者という一番手になってみて、どういった点にやりがいを感じますか。

山本
とにかく自分に全責任が出てきますから。
足を止めてしまうと、全てがそこでストップしてしまう。
営業なんて正にそうですよね。自分が足を止めた時点で終わる。
自分次第で、進めるかどうかが決まる所にやりがいを感じます。

杉脇
確かに経営者と責任の関係は、切っても切り離せないものですよね。

次のページ
『社員の立場を経験したからこそ分かる、経営者と社員の違い』

ページ:

1

2 3

会社概要

社名:愛媛サポート
住所:愛媛県松山市三番町1丁目6-25
TEL:089-904-6661
URL:http://www.ehime-support.jp/
事業内容:・ポスティング ・フリーペーパー制作 ・営業代行 ・広告デザイン ・印刷・看板

サービス紹介

eigyou

・ポスティングサービス
愛媛のポスティングのことなら、『愛媛サポート』にお任せください。

『愛媛サポート』は、全戸配布・町別配布・学校区別配布など様々な手法で、御社様の大切なチラシやカタログなどを確実にターゲットとなる方々へとお届けいたします。

他にも、ダイレクトメール・DM発送代行なども行っておりますので、お問い合わせください。

web

・チョイスフリーペーパー
チョイスとは地域密着型の複合広告チラシです。

  • 『新規顧客を獲得したい』
  • 『経費を抑えて無駄なく広告宣伝をしたい』
  • 『イベント等を告知して、地元地域を活性化させたい』

こんな方々におススメです。

hp

・vivi-Link × チョイス
完全成果報酬型キャッシュバックサイト「vivi-Link」とのコラボレーションサイトです。

  • 松山市全域をカバー!
  • 街のオトク情報が満載!

「vivi-Link × チョイス」はこちらからご覧ください。http://vivi-link.jp/

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る