INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

現在と未来があるのみ

ゲストハウスカサブランカ
眞鍋 清 代表

  • 2016/12/1
i-catch-casablanca

ゲストハウスは同じ部屋に、国籍・年齢・男女を問わず一緒に泊まることができる格安(1泊2,700円~)の宿泊施設です。カサブランカはJR松山駅前にあり、オーナーとの談話、日本文化の実地体験(弓道、茶道、寺で座禅)や近くに提携の喜助温泉があることが特徴です。宿泊はただ泊まるのではなく、充実した1日の1ページであり経験の場になればよいとオーナーは考えています。

色々な人が交流する場をつくる

ゲストハウスを作ろうと思ったきっかけを教えてください。

 私は2年前にヨーロッパ一人旅をしました。その時に、全部のホテルを事前予約していなかったため、予約していない旅先ではゲストハウスに泊まることにしました。
 ホテルに泊まると一人で過ごすことになり、あまり人と話す機会はありませんが、ゲストハウスでは同室の人と色々な話ができ、交流することができました。そこに来るまでの経路や経験談を聞いたり、情報を教えてもらったりして束の間の友人となり、沢山の人とふれあうことができたのです。

 私は、この色々な人と交流できる、ゲストハウスにとても感銘を受けました。そして、私も沢山の人と交流ができるゲストハウスを作りたい!愛媛にいても海外の人と交流がしたい!と思ったのです。
 自己所有のマンションが駅前にありましたので、帰国後直ぐに最上階のワンフロアをリフォームして、ゲストハウスに取り組むことにしました。

公認会計士の仕事をしている眞鍋様、カサブランカの経営との両立は大変ではないのでしょうか?

 全く大変ではありません。なぜなら、私にとってカサブランカの経営はお金を稼ぐのが目的でしているわけではないからです。私はカサブランカの経営をしなくても、公認会計士の仕事だけで食べていけます。では、なぜこのカサブランカの経営をしているのかと言いますと、カサブランカの経営が私の生きがいになるからです。
 色々な人と交流できる場を作ることで、私自身も色々な人とふれあうことができる。それはとても喜ばしいものです。人生において交流・ふれあいはとても大事なものだから。

毎日大変だ!と思っていないことに驚きました。

 一日は24時間しかありません。24時間という短い時間だからこそ、私は朝起きると最初に何をするのか、昼は何をするべきなのかなど、一日のプログラムを立てておくことが大事だと思います。一日のプログラムを組んでおけば、後はそれに従って行動すればいいだけです。そうすることによって、大変だとは思わなくなります。
 それと反対に大変だと思う人は、あれもしなければならない、これもしなければならないとプログラムを組まずに行っている人です。だから大変だと思うのです。今、大変だと思っている人は、一日のプログラムを組んでみましょう。

次のページ『思い立ったら吉日』

ページ:

1

2 3

会社概要

社名:眞鍋 清
住所:愛媛県松山市宮田町106-2
TEL:089-941-3305
事業内容:・宿泊業/飲食業

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る