INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「何かを捨てなければ、大きな成果を得られない」

創造アトリエ あぷりこっと
大川 理恵 代表

  • 2016/3/1
i-catch-apricot

子どもに、「ものを作る喜び」を知ってほしい

エジプトから帰国された後に創造アトリエあぷりこっとを作られたのですね。

 はい。と言っても帰国してすぐに立ち上げたわけではありませんでした。協力隊の任務を終えた後はエジプトに日本の使われなくなったおもちゃを送る活動をしたり、今治の中学校で美術の常勤講師をしていました。

 しかし講師では生徒たちと十分に交流する時間が取れず、しかも1年ごとに契約更新ということになっていたので、もっと計画的に継続できるようにしたいと考え、その為に「小さくてもいいから継続していけるものを自分で創ろう」と思ったのです。そんな折、伊予市にある母の実家が空き家になっていたのを知り、そこを活用して創ることにしました。

 そこからアトリエ開始のために本格的に動き始めたのです。ちなみに「あぷりこっと」という名前は、母の実家にアプリコットの木があって「この木のようにしっかりと根を張らせたい」と思って名付けました。

最初はどのようなコンセプトで立ち上げられたのでしょうか?

nakakiji-apricot 東京のとある造形教室のパンフレットに書いてあった「創造することが大事だ」という言葉を目にして、「これだ!」と思ってその造形教室の考え方を参考にしました。
 また学校で働いてた時に強く感じたことですが、私の中には子どもの作品に優劣を付けたくない、それよりも自分で物を作り出すことの喜びを子どもに知ってもらいたい気持ちが強くありました。
 更にアトリエを始めたばかりの頃は、地域の方々の居場所としても役立てたいと考えており、駄菓子屋を一緒に開いていました。しかしながら一番身近な方に理解してもらえず、残念ながら結局駄菓子屋は閉めることになりました。今は造形教室だけでしています。

大川代表にとって、人生の中でのターニングポイントは何かございますか?

 それぞれの時期にそれぞれ大事なことがありましたが、最大のものはやはり日本でしていた全てを捨てて青年海外協力隊に参加した時だと思います。まだ雇用の任期が残ってたので、周りからは最後まで勤めてからにしろと言われたりもしましたが、それでも自分を押し通しました。

 そういう経験をしたことで、今は「何か大きな成果を得るためには、代わりに別の何かを捨てなければいけない」と思ってます。両方を得ようとすると結果的に小さい行動しか取れないけど、どちらかを捨てることで残った片方を大きく育てることができます。

次のページ『オリジナルの教材で、子どもたちに美術を好きになってもらいたい』

ページ:
1

2

3

会社概要

社名:創造アトリエ あぷりこっと
代表名:大川 理恵
住所:愛媛県伊予郡松前町北川原262
TEL:090-8280-3690
URL:http://www.artapricot.com/
事業内容:・教育/学習支援

サービス紹介

eigyou

『伊予教室』

築105年以上にもなる蔵が、教室です!
庭には、ツリーハウスがあり、自然たっぷりの草原で遊べます。もしかしたら、外国の方と一緒に制作しながら交流が持てるかも♪

住所:伊予市下吾川96
対象:幼児・小学生
開催日:土曜・日曜・祝日
開催時間:午前10:30~12:00 / 午後14:00~15:30
月謝:月2回3000円(教材費別・税込)

詳しくはこちら

eigyou

『衣山教室』

20畳以上もある、畳の間で、おもいっきり制作できます。伊予鉄道衣山駅から、歩いて3分です。

住所:松山市衣山2丁目2-29
対象:小学生・幼児・中学生
開催日:月曜・金曜
開催時間:月曜・午後16:30~17:45
     金曜・午後15:30~16:30
     金曜・午後17:00~19:00
月謝:月2回3000円(教材費別・税込)
   *中学生以上はご相談ください

詳しくはこちら

eigyou

『出張あぷりこっと』

保育園・幼稚園・デイサービス等、出張して教えます。詳しくはご相談ください。

現在、定期的に行っているところ
・児童デイケア フレンドリー
・東林館
・岡田小学校放課後子ども教室

詳しくはこちら

eigyou

『キャンプ』

子ども自身が主体となって活動し、親以外の異なる年齢の人々と出会い、交流をします。特に学生のお兄さんやお姉さんと遊んでもらいながら、学校や家庭では体験できないことにチャレンジすることを目的としています。

生きることは、いろいろな人やものとの関係性によって成り立っているということ。そのことに気づけるかどうかで、大きく左右されると思います。そして、どんな困難が来ても、のり越えられるたくましい人間力を身につけて欲しい・・・という願いで、企画しております。

詳しくはこちら

eigyou

『ボランティアスタッフの募集』

『キャンプスタッフ』
夏:8月上旬ごろ、冬:12月下旬
子供たちと遊んでくれる高校生・大学生募集!!
事前のミーティング参加必須

『造形教室スタッフ』
ものを作ったり絵を描いたりするのが大好きな人歓迎!!

ホームページはこちら

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る