INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「何事にも、もっと粘り強く取り組んで欲しい」

株式会社マックスエージェント
齋藤 友茂 代表取締役

  • 2014/12/29
i-cath-agetai

愛媛県の特産品でもある鯛。
そんな新鮮な鯛を使った料理を提供しているお店『揚げ鯛』
その『揚げ鯛』の代表である齋藤友茂様にインタビューを行いました。
どういう経緯でお店を始められたのか。
揚げ鯛の誕生秘話に迫るとともに、齋藤代表の思いや考えを尋ねてみました。

大隣
本日はよろしくお願いします。
まず初めに経営者になろうと思ったきっかけを教えて下さい。

齋藤
はい。
経営者になろうと思ったのは10代の時からです。

大隣
10代ですか、そんな若いときからなのですね。
不安に思うことはなかったのでしょうか。

齋藤
若い時は、根拠のない自信がありました。
「俺は出来るんだ」って。
誰もが若いうちは、ある程度人生に対して期待感を持っていると思うし、自信があるものじゃないですか。
そんな気持ちが強かったので、不安に思うことはなかったですね。
自分をどこまで信じてあげられるか、それがすべての鍵になると思いますよ。

大隣
なるほど。
自信があるからこそ積極的に前向きに行動できるのですね。
『揚げ鯛』の名前の由来はなんでしょうか。

齋藤
『揚げ鯛』の由来は、愛媛県の特産品を使用したご当地メニューを考える中で、縁起の良いタイでお客様に福をアゲタイ! との想いからきています。
外はサクサク、中はふっくらの鯛を使用したフィッシュ&チップスです。
愛媛発のファーストフードになります。

大隣
そのような名前の由来があったのですね。
企業をする際に大変だったことや苦労話などがあればお聞かせ下さい。

齋藤
最初は違う商売をしていました。
今に至るまでの道のりを語ると長くなります。
もともと揚げ鯛をやる前にラーメン屋をやっていて、そこでは唐揚げも作っていたのです。
ちょうど唐揚げがブームで、全国的に専門店が増え、雑誌や新聞でも特集が組まれるほどの人気ぶりだった頃ですね。
その時に、愛媛の名産でもあるみかんと、から揚げを組み合わせてみようと思い立って実際にやってみたのですが、どうもパンチが弱くて、自分が納得いくような結果にはなりませんでした。
ある日、なにげなくランニングをしていた時にふと思いついたのです。
愛媛には漁獲量日本一の鯛があるじゃないかと。

大隣
その時に『揚げ鯛』が誕生したのですね。

齋藤
はい、そうです。
鯛からフィッシュ&チップスに繋がったきっかけは、昔、広島に行った際に食べたフィッシュ&チップスがすごく美味しかったのを覚えていて、私自身も凄く好きでした。
フィッシュ&チップスはイギリスの代表的な料理で、基本的にフライにされる魚はタラ系やカレイ系などの白身魚が材料として使用されています。
愛媛では鯛の生産量が日本一だし、この鯛を使って何か面白いことができないかなと思い作ったのが、和風フィッシュ&チップスでもある揚げ鯛です。
全国生産量1位の愛媛県産マダイの切り身に、全国生産量1位の愛媛県産はだか麦という全国1位同士を掛け合わせてできているのが特徴になります。

大隣
そんな誕生秘話があったのですね。
斎藤代表が仕事をする中でやりがいを感じるときはどんな時でしょうか。

齋藤
nakajkiji-agetai
仕事の内容によって違いますが、飲食店で自分が現場に入ったときは、お客様に「おいしい」と言ってもらえることにやりがいや喜びを感じます。
私だけではなく、同業者の皆さんもそうだと思いますよ。
「儲け重視に走った飲食店」「おいしさを追求し、味の評価を重視する飲食店」、どちらもお金を生むけれど、ビジネスを中心としてお店をやっている店は味よりも数字が重要になってきますよね。
今も二極化しているのが現状だと思います。
また、職人さんはそれぞれ自分の仕事にプライドを持ってやっている方が多いと思います。
飲食店は、味だけではなく接客も重要になってきます。
表情や、声、細かな気遣いなどもとても大切です。

大隣
なるほど。
食べる側としては、美味しいものを食べるととても幸せな気分になります。
私はアルバイトの立場ですが、お客様に「ありがとう」と言ってもらえると、やってよかったなって感じます。
学生時代はどのような学生さんだったのでしょうか。

齋藤
学生時代は、大学は夜間だったので昼に働いて夜に勉強をしていました。
もうこの時ぐらいから会社に勤めるのでなはく経営者になろうって思っていました。

大隣
すごいですね。
私も大学三年生なので就職のことに関しては多少意識していますが、早い段階から仕事に対して、そのうえ経営者を目指そうと思われていてとても尊敬します。
では、これから先の展望をお聞かせ下さい。

齋藤
本音を言うと道後でお店をやりたかったのですよ。
道後だと集客力が三倍も違いますので。

大隣
え、そうなのですか。
現在のロープウェイ街も観光客が多いように思っていたので意外です。

齋藤
実際はそうなのですよ。
観光客の人達もそうですが、地元の人にも食べてもらいたいですよね。
将来は道後で店舗を構え多くのお客様に揚げ鯛を食べてもらいたいと思っています。

大隣
齋藤代表、ご自身の将来の夢は何でしょうか。

齋藤
一番は海外にお店を出したいですね。
国内であれば東京かな。
海外の話は現在、進めている最中です。
具体的にはインドネシアなのですが、現地の人を雇用するためには、雇用制度をまずは整えていかないといけないです。
アジアでの途上国では、人口増加が様々な社会問題を引き起こしている、もしくはこれから大きな問題になると言われていますよね。
日本では逆に、どうやって少子化を止めるかと言った問題があって、国が変われば、社会問題も変わってきます。
インドネシアの場合は、貧困層での急激な人口増加が問題になっていて、そういう時こそ貧困層にも雇用を生み出し、そもそもの貧困対策に貢献することができたらいいですね。

大隣
貧困問題等、少しでも解決していき、またそのようなお考えは素敵ですね。
ありがとうございます。
最後に学生に向けてメッセージをお願いします。

齋藤
何事にも、もっと粘り強く取り組んで欲しいなって思います。
仕事に関しては、決して楽しいことばかりではないです。
自分の納得がいかないことや、嫌なこと、辛いことがあってもすぐに諦めたり、すぐに辞めるのではなく、魂をもって取り組んでほしいです。
そこから学ぶことも多いと思います。
経験としてたくさん吸収して、ちょっとやそっとの逆境に負けずに力強く成長して魅力ある人間になってください。

大隣
私も多くのこと吸収し、魅力ある人になれるよう努めていきたいと思います。
本日は取材を受けて頂きありがとうございました。

インタビュアーより

bord-agetai

斎藤代表がスケッチブックに書いてくださった言葉には、「仕事も遊びも嫌々ではなく、楽しんでやっていこう」と言う思いが込められています。
仕事は10苦しい。
でもその中に1でも2でもこれは楽しいと思える部分を見つけることが大切。
その楽しさのために頑張れる。

とおっしゃっていました。
また、お店に来ていた常連のお客様が、代表はいつも笑顔で、器の大きい人だ。と話してくださったことが大変印象的でした。
仕事に対してプライドを持ち、おいしさを追求する。
そんな代表だからこそ、多くの人に親しまれ、お店も含めて愛されているのだと思います。
実際に揚げ鯛を食べさせて頂いたのですが、メインの鯛はもちろん、使用する塩や小麦粉などの調味料、自家製ソースにもこだわりを持っておられ、それが美味しさに反映されているだと感じました。
美味しすぎてぺろっと何個でも食べられそうでした(笑)
また、個人的に食べに行こうと思います。
斎藤代表、貴重なお話ありがとうございました。
大隣 麻衣

next

乞うご期待!

会社概要

社名:株式会社マックスエージェント
代表名:齋藤 友茂
住所:愛媛県松山市道後緑台3-6
TEL:089-996-6688
URL:http://www.agetai.net/『揚げ鯛』 
事業内容:・飲食

サービス紹介

eigyou

『揚げ鯛』

《住所》愛媛県松山市大街道3-4-1
《HP》http://www.agetai.net/
《電話》089-904-4515
《営業時間》11:00~20:00(売り切れ次第閉店)
《定休日》水曜日

松山発祥!”揚げ鯛”
生産量日本一を誇る愛媛県産の鯛を使用。
イギリスの伝統料理である「フィッシュ&チップス」を日本風にアレンジした松山発祥のフード。

eigyou

『揚げ鯛』

《住所》愛媛県松山市大街道3-4-1
《HP》http://www.agetai.net/
《電話》089-904-4515
《営業時間》11:00~20:00(売り切れ次第閉店)
《定休日》水曜日

松山発祥!”揚げ鯛”
生産量日本一を誇る愛媛県産の鯛を使用。
イギリスの伝統料理である「フィッシュ&チップス」を日本風にアレンジした松山発祥のフード。

eigyou

『揚げ鯛 5ピース』

全国生産量1位の愛媛県産マダイの切り身と、全国生産量1位の愛媛県産はだか麦をあわせた衣をつけて揚げております。
数種の自家製揚げ鯛ソースからお好みのものを選択頂けます。
数種類のこだわりのビネガーや岩塩で、”あっさり”という食べ方もオススメ。

揚げ鯛 メニュー一覧はこちら

eigyou

『揚げ鯛バーガー』

縁起の良いタイでお客様に福をアゲタイ!
ぜひ揚げ鯛をお召し上がりください。
揚げ鯛のほかにも、せんざんき(鳥の唐揚げ)やじゃこカツ、鯛めしおにぎり、はだか麦ジェラートなどこだわりぬいたメニューをご用意しております。

揚げ鯛 メニュー一覧はこちら

Random Pick Up

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る