INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式フェイスブック INTERVIEW WITH PRESIDENT 公式ツイッター

「田岡 美紗 EVN活動 」


  • 2015/3/1
i-cath-taoka-evn

taoka-evn
『INTERVIEW WITH PRESIDENT』のインタビュアーとして活動中の田岡美紗は、愛媛県推進事業EVNの主催イベント『DREAM BACK UPPER’S』の運営スタッフとしても活動しております。
イベントのスケジューリングや会場準備、ファシリテーターからゲストのアテンドまで様々な仕事をこなしている田岡美紗の活躍をご覧ください。

田岡美紗のプロフィールはこちら

ファシリテーター・・・会議やミーティングなど複数の人が集う場において、議事進行を務める人のこと。
アテンド・・・ゲストをお招きすること。接待すること。

イベント5日前

資料を確認する田岡美紗

イベント開催まであとわずかということもあり、会場の手配や参加者名簿の作成など黙々と作業しております。

メールを確認する田岡美紗

ゲストの方や他の運営スタッフとメールをやりとりしながら、当日のスケジュールを詰めていきます。

taoka-evn-a1

電話で会場を予約、無事確保できました。

taoka-evn-a2

普段は経営者へのインタビューで写真撮影を行っている側ですが、逆に自分が撮影されるのは緊張したようです。

イベント当日

17:30 イベント開始1時間前

taoka-evn-a1

会場ではイベントに向けて準備が始まっています。仲間と協力してセッティングなどを進めていきます。

taoka-evn-a2

会場準備を終えて、イベント開始までファシリテーターとしての仕事を再確認。

18:30 イベント開始

taoka-evn-a1

いよいよイベント開始、ファシリテーターとして、まずは参加者の緊張をほぐしていきます。

taoka-evn-a2

ゲストの方の話に熱が入ります。気兼ねなく話せる環境を作るのもファシリテーターの務めです。

taoka-evn-a1

ゲストの方が話し終わっての質疑応答です。限られた時間でより多くの質問に答えて頂けるよう、質問のグループ分けなどを行っています。

taoka-evn-a2

ファシリテーターであると同時に学生でもあるので、ゲストの方のお話にしっかりと耳を傾けます。

taoka-evn-a1

ゲストの方や参加者の心に残るイベントにするために、最後まで気は抜けません。

イベント終了

taoka-evn-a2

自分の役目を無事果たしてプレッシャーから解放されたからか、思わず笑みがこぼれます。

taoka-evn-a1

最後に懇親会の出席者全員で記念撮影。こんなに幅広い年齢・立場の人と交流できるのも、このようなイベントに携わっているからですね。

taoka-evn-a2

イベント後、懇親会

イベント後日

taoka-evn-a1

先輩のスタッフと共にイベントを振り返ります。先輩からは厳しい意見が出ましたが、次のイベントはもっと良いものになることでしょう。

EVN活動を終えた田岡美紗の感想

taoka-evn-a2

『DREAM BACK UPPER’S』の運営スタッフとしてイベントを開催するのは、今回が2回目ということもあり、とても緊張しましたが無事終えることが出来て良かったです。これからも自分自身の成長のためにも頑張っていきます。

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
濵村 駿介

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
高橋 航貴

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
松井 秀樹

『この記事を書いた人』

愛媛大学2年次生
北尾 友二

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
樋口 真哉

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
福山 さくら

『この記事を書いた人』

愛媛大学4年次生
大隣 麻衣

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
田岡 美紗

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
杉脇 丈紘

『この記事を書いた人』

松山大学4年次生
岩本 真依

『この記事を書いた人』

西山 和馬

『この記事を書いた人』

松山大学2年次生
山本 隆生

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
大河原 慧

『この記事を書いた人』

インターンシップ生
藤平 祥太

『この記事を書いた人』

松山大学3年次生
坪北 奈津美

ページ上部へ戻る